ここから本文です

昨日の敵は今日の友!? メッシ、試合後の粋な“階段対話”に反響「象徴的なイメージ」

10/8(火) 12:10配信

Football ZONE web

セビージャ戦に解消後、敵チーム所属の同胞MFバネガとトンネル内の階段で座って会話

 バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、現地時間6日のリーガ第8節セビージャ戦で今季初ゴールを挙げ、4-0の快勝に貢献した。華麗な直接FK弾でペナルティーエリア外からの通算100ゴール目をマークして注目を浴びたが、もう一つ話題となっているのが試合後のワンシーンだ。相手チームの同胞MFエベル・バネガとロッカールームへつながるトンネル内で座って話し込む様子がSNS上で拡散され、海外メディアで「激しい競争のあと、友人に戻った」などと報じられている。

【写真】「印象的なイメージ」と反響…数分前まで“敵”の同胞メッシ&バネガが友情の対話

 バルセロナは前半27分にウルグアイ代表FWルイス・スアレスの超アクロバティックなオーバーヘッド弾で先制。チリ代表MFアルトゥーロ・ビダル、フランス代表FWウスマン・デンベレと続き、最後はエースのメッシが後半33分に今季初ゴールとなる直接FK弾でダメを押した。

 バルセロナにとっては今後に弾みをつける快勝、セビージャにとってはアウェーゲームとはいえ尾を引く大敗となったなか、試合後には微笑ましい光景がスタジアム裏で繰り広げられていた。

 ロッカールームへとつながるトンネルの階段では、上半身のユニフォームを脱いだメッシとセビージャのバネガが座り込んで会話していたのだ。2人はメッシが一つ年上だが、同じアルゼンチンのサンタフェ州ロサリオ出身で、代表でも長年共闘してきた。気心知れた仲だけに、先ほどまでピッチ上で戦っていた“敵”との対話も問題はなかったようだ。

 スペイン紙「AS」は、「リオネル・メッシとエベル・バネガは象徴的なイメージを打ち立てた」と触れ、メキシコのスポーツメディア「MedioTiempo」も「長年の偉大な友情」と伝えている。

「昨日の敵は今日の友」とはよく言ったものだが、メッシとバネガの堅い絆を示す出来事となった。

Football ZONE web編集部

最終更新:10/8(火) 14:14
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事