ここから本文です

阿部寛、冬の時代を支え続けた名伯楽 「結婚できない男」13年ぶりの続編に期待

10/8(火) 5:57配信

デイリー新潮

 俳優・阿部寛(55)が主演するフジテレビ系の連続ドラマ「まだ結婚できない男」(火曜午後9時)が10月8日からスタートする。2006年に放送された大ヒット作「結婚できない男」の続編だ。主人公・桑野信介は53歳になったが、まだ結婚できていなかった。続編では今度こそ独身生活に別れを告げるのか。また、ドラマは今回も成功を収められるのか? 

 関西テレビが制作し、フジテレビ系で放送された13年前の「結婚できない男」の平均視聴率は16.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)だった。今年の7月期(7~9月)のドラマでナンバーワンの平均視聴率は、「監察医 朝顔」(フジ系)の12.6%。なので、大ヒット作だったのは間違いない。

「結婚できない男」は殺人事件の謎解きがあったわけではないし、ドロドロの人間関係があったわけでもない。阿部寛が扮する独身建築家・桑野信介の日常を淡々と追っただけ。それなのに高視聴率を記録したのだから、阿部ら出演陣の演技が光り、尾崎将也氏(59)の脚本が魅力的だったのだろう。

 ドラマの続編は、新味を出そうとして中身を変えすぎると、失敗しがちだが、「まだ結婚できない男」の主演は阿部で脚本も尾崎氏だ。ただし、ヒロインは変わる。前作での桑野は、自分の担当医師・早坂夏美(夏川結衣、51)と紆余曲折の末に交際することになり、最終回では結婚を予感させたが、別れてしまった。

 桑野は絵に描いたような3高(高身長、高学歴、高収入)であるものの、偏屈で独善的。さらにプライドの高い皮肉屋であることから、愛想を尽かされたらしい。

 桑野と違い、ざっくばらんな性格で、やさしく、笑顔がまぶしかった夏美が、ドラマから去るのは残念だが、相手が桑野では仕方がないのかもしれない。なにしろ、前作での桑野は求められていない場で博識ぶりをひけらかしたり、自分と同レベルの知識を持たない人たちに厳しく接したり。空気がまるで読めなかった。これでは、いくら3高であろうが、女性にモテモテになるとは到底思えない。

 阿部は桑野役を再演することについて、「結構、言いたいことを言う役なので、ストレスがたまらない」と制作発表の場で語ったという。そう、桑野は思ったことをすべて口にしてしまうのである。だから対人関係において失敗を繰り返すのだ。

 阿部のドラマ出演は2018年版の「下町ロケット」(TBS)から丸1年ぶりだ。近年のドラマ、映画で阿部が演じるのは善玉役ばかりで、桑野のような三枚目役はやる機会がなかったから、再演は俳優として楽しみだったのだろう。

 阿部自身も前作の放送時点では独身だった。それが話題にもなった。もっとも、前作の放送終了から約1年3ヶ月後の2008年2月に結婚し、現在は2児の父親。顔つきが若いころより穏やかになったように見えるのは、そのせいか。

1/2ページ

最終更新:10/11(金) 14:52
デイリー新潮

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事