ここから本文です

新ドラマ3選、『時効警察』に『結婚できない男』に寅さん!カムバックする傑作たち

10/8(火) 8:47配信

女子SPA!

 始まったら必ず迎えるドラマの最終回。でも、夢中になった作品ほど気になる彼らのその後。

『凪のお暇』(TBS系列)の凪は、社会に戻ってどんな人間関係を築いているのか、新しい恋は見つけられたのか。『これは経費で落ちません!』(NHK総合)の森若さんと太陽くんは、2年後ちゃんと結婚できたのか。ああ、またその物語をのぞけるものなら、のぞきたいいい!

 そんな切なる願いを叶えてくれるドラマが、この秋はそろい踏み。10年20年の時を経てもはや伝説と化した傑作ドラマ&映画が、新エピソードを引っ提げてカムバックを果たします。

偏屈に磨きをかける『まだ結婚できない男』

 まず、2006年の放送当時、社会現象ともなった『結婚できない男』が13年ぶりにカムバック。40歳独身男だった主人公・桑野信介が、『まだ結婚できない男』(関西テレビ・フジテレビ系列/10月8日火曜21時スタート)では53歳に。演じるのはもちろん阿部寛。

 この新作の放送が発表されたとき、前作ヒロインの夏川結衣が出演しないことから、せっかく結ばれた夏美先生とはどうなったんだとSNSで話題に。実際どうなったんでしょう。ぜひなんらかの回答を得たいところ。それに、先生との丁々発止のやりとりもドラマの魅力の一つだったので、また毒の効いた会話劇を期待したいものです。

 今回はヒロインとして吉田羊、深川麻衣、稲森いずみの3人が登場。気が強くも最後には桑野の偏屈を受け止めた夏美先生がダメだったのなら、いったいどんな女性であればいいのか。3人がそれぞれどんなタイプの女性なのか、どんな風に桑野とからむのかが気になります。とは言え、このドラマはやっぱり、本人のみ納得で周囲はポカンとする桑野の迷走っぷりが面白いのかも。

シュールに磨きをかける『時効警察はじめました』

『時効警察はじめました』(テレビ朝日系列/10月11日金曜23時15分スタート)は、時効を迎えた事件を趣味で捜査する脱力系コメディミステリー。2006年、2007年の放送で大反響を呼び、「第23回 ATP賞テレビグランプリ」でドラマ部門最優秀賞に選ばれたことも。こちらも12年ぶりのシリーズ復活に胸が高鳴ります。

 先んじて放送された『時効警察・復活スペシャル』では、オダギリジョー演じる主人公・霧山修一朗と、麻生久美子演じる三日月しずかの変わらぬ姿に感激! 

 時効管理課及び同課に出入りする面々がほとんど当時のままなのも嬉しい。ここに新人刑事役の吉岡里帆と、又来(ふせえり)の息子役の磯村勇斗を迎え、わちゃわちゃ感がパワーアップ。一人のほほんとする霧山の佇まいが、更なるシュールな展開を期待させます。

 なお、同作の世界観を影で支配する、由紀さおりのクセ強めなナレーションも健在。

 すでに趣里、二階堂ふみ、松重豊、向井理といった12人のゲストも発表。彼らに「誰にも言いませんよカード」が渡される日が待ち遠しいものです。そして、じゃんけんに負けて霧山が名前を書いた婚姻届を、未だ手にする三日月の恋の行方はいかに。

1/2ページ

最終更新:10/8(火) 8:47
女子SPA!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事