ここから本文です

ポルシェ初のピュアEV「タイカン」の全貌

10/8(火) 6:30配信

週プレNEWS

9月4日、ポルシェは初の電気自動車をご開帳した! それに先立ち、上海で開催された取材会に世界カー・オブ・ザ・イヤー選考委員の自動車ジャーナリスト・小沢コージが突撃してきた!

【写真】タイカンのココに注目!

■タイカンはテスラ追撃マシンだった!
まさしく自動車ブランド新オセロ戦略! この手があったのかって感じだぜ。それは9月4日にドイツ・ベルリン、カナダ・トロント、中国・福州の世界3ヵ所で同時デビューを果たしたポルシェ初のピュア電気自動車・タイカンのことだ。

実はオザワ、それに先んじて8月後半に、上海サーキットに隣接するポルシェ・エクスペリエンス・センターで事前取材会に参加していた!

そこで驚いたのはタイカンがガソリン5Lターボ級を凌駕(りょうが)する、最高出力761PS、最大トルク1050Nmの前後ツインモーター式激速4WDであることや、ギアボックスなしが当たり前のEVには珍しく、リアに2段変速機を搭載することじゃない。

オザワが驚いたのはグレード名が前述761PSの「ターボS」と680PSの「ターボ」のふたつなことだ。もちろんタイカンはピュアEVなのでターボなんぞ搭載していない。

だがそれでも「ターボ」なのだ。これだけでタイカンがいかにガソリン自動車くさく、乗って楽しいリアルポルシェを自負しているかがうかがえたし、ボディがなぜ全長4.9m台の4ドアセダンなのか。そのワケも面白かった。

開発陣は「ピュアスポーツである911のEV化は時期尚早だが、4ドアセダンはより大きいパナメーラがあるだけなので市場を食い合わない」と言っていたがこれは方便だ。

実はタイカンがミッションEと呼ばれ、2015年のドイツ・フランクフルトショーにコンセプトカーデビューしたときから取材しているオザワ。当時、「なぜポルシェ初のEVが4ドアセダン?」という問いには明確な答えが。

それは2012年にデビューし、世界を席巻していた新興プレミアムEVのテスラ・モデルSの存在だ。すでに1000万円前後の高価格EVながら年間5万台も売り、ポルシェをはじめ、メルセデスやBMWを驚かせていた。

特にスポーツカー天国の北米はテスラがバカ売れ。当然、同じく北米が大票田のポルシェは黙ってられない。だからこそのセダン投入なのだ。

1/2ページ

最終更新:10/8(火) 6:30
週プレNEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ