ここから本文です

中野信子/人はなぜ「あおり運転」に走るのか〈キレるドライバーの脳内に何が起きているのか〉――文藝春秋特選記事【全文公開】

10/8(火) 5:30配信 有料

文春オンライン

 最近、自動車の「あおり運転」による死亡事故やトラブルが注目を集めることが多くなりました。

 そんな中で大きな話題となった“事件”がありました。8月10日に茨城県の常磐自動車道で、「あおり運転」の末に男性を殴って怪我をさせるなどしたとして、宮崎文夫容疑者(43)と同乗者の女性(51)が逮捕されたというものです。宮崎容疑者は執拗なあおり運転を繰り返した末に、無理やり被害者の車を停止させ、「殺すぞ」と怒鳴りながら無抵抗の運転手を複数回にわたって殴打しました。ドライブレコーダーに記録されていた暴行の様子は凄まじく、事件はメディアにこぞって取り上げられました。

 見ず知らずの人間から、突然キレられて、暴行や暴言などの攻撃を加えられる――人生においてこれほどの恐怖はありません。他人の感情的な行動に振り回されることなく平和に生活したいというのは、誰もが抱く願いなのではないでしょうか。

 それなのに、人はなぜ「あおり運転」に走るのか――。今回はその謎を解くために、人が突然キレて暴力的・攻撃的になるまでの脳のメカニズムを紹介し、とるべき対処法についても検討したいと思います。 本文:6,024文字 写真:3枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込220

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

中野 信子/文藝春秋 2019年10月号

最終更新:10/8(火) 5:30
文春オンライン

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る