ここから本文です

西武にあった非常識でも王道の強さ?【川口和久のスクリューボール】

10/9(水) 10:01配信 有料

週刊ベースボールONLINE

非常識がいっぱい?

V決定後、山川[背中]と抱き合う森。MVPの最有力候補じゃないかな

 パ・リーグでは西武の優勝が決まった。ただ……、辻発彦監督、すいません。まったく予想していませんでした。

 だって、いくら前年の優勝チームとはいえ、エース・菊池雄星、三番の打点王・浅村栄斗、正捕手・炭谷銀仁朗まで抜け、はっきり言って、大した補強もしなかったでしょ。これで優勝なんて“非常識”としか言いようがない。広島は、丸佳浩が抜けただけで、3連覇からCSに行けるかどうかの騒ぎになったんだからね。

 でも、今回の西武の優勝って“非常識”が1つのキーワードかもしれないな。

 まずは、今季もパ・リーグ最低だった防御率4.35。昨年に続き2年連続だから当然みたいに思った人もいるかもしれないけど、リーグ最低防御率での優勝は、この2回以外、2001年の近鉄だけ。しかも規定投球回到達者ゼロでの優勝チームは史上初らしい。かなりの“非常識”だね。

 1試合平均失点は4.86だから5点取っても勝てるかどうか分からないということだよね。ただ、得失点差61はリーグ最大だから投打のバランスが取れてなかったとは言えない、いや、言えないかもしれない。投手陣も“ダメダメ”まではいかず、平井克典のパ新81試合登板とか、連敗ストッパーとなったニールの11連勝とか、特に夏場以降は、悪いなりに要所は締めていた。

 あとは・・・ 本文:1,346文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:10/9(水) 10:01
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る