ここから本文です

2時間ドラマ、犯人の告白がなぜ崖で行われるか?に新説

10/9(水) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 かつて、民放ドラマの定番枠といえば2時間ドラマだった。今はすっかり消滅してしまい、地上波以外で放送される機会が増えている。そんな2時間ドラマの魅力についてコラムニストのペリー荻野さんが改めて考察する。

【別写真】電話しながら号泣する松居一代の姿

 * * *
 9月からBS・CSの6チャンネルが合同で2時間サスペンスドラマ特集して放送中だ。放送は合計2000時間を超える大特集になっている。

 2000年代以降、私は2時間ドラマの関係の取材をする機会が多かった。2007年、古谷一行・木の実ナナ主演の土曜ワイド劇場の人気作『混浴露天風呂連続殺人』シリーズ完結の際には、現場取材しますか?と聞かれ、「ぜひとも!!なんなら混浴する覚悟です」と応えたところ「それはいらないです」と笑顔で断られた経験もある。名誉の混浴ならず…。そんなこともありながら、取材を通じて感じたのは、想像以上に2時間ドラマの現場は厳しいということだった。

 たとえば、定番の崖シーン。崖での犯人の告白は、とにかく長い。犯行をなかなか認めないところから、やっと認めても、なぜ、そこに行きついたか。自分の暗い過去について回想シーンを流し、やがて緊迫の犯行シーンを再現。その合間に刑事・探偵から説得やらトリックの指摘やらが入るという具合だ。

 先日、この企画で放送された片平なぎさと船越英一郎の名コンビによる『小京都ミステリー』第14弾「山陰但馬殺人事件」。崖というより、海辺で犯人と向き合うふたり。なぎさが「あなたは…なのね」と一言いえば、ザッパーン、たっぷり回想した犯人が「私は…捨てたくなかった」ザッパーン、船越がちらりと映ってザッパーン。

 なぜ、崖で告白するのかについては、「犯人が追い詰められて後がない緊張感を象徴している」「悲惨な事件の告白をするのに息苦しさを感じさせないため」など諸説あるが、改めてこのザッパーンを聞いてみて、延々続く告白時間に波の音は、いいリズムを醸し出すのではという気もしてきた。

1/2ページ

最終更新:10/9(水) 8:07
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事