ここから本文です

東京駅グランスタ「フェアリーケーキフェア」にタピオカ登場!旅のお供にもおすすめ♪

10/9(水) 12:00配信

じゃらんニュース

東京駅グランスタ内にお店を構える「Fairycake Fair(フェアリーケーキフェア)」に、待望のタピオカメニューが登場!お客さんの要望が多いことに応えて実現したそうで、2019年9月12日(木)から販売されています。
テイクアウトして旅のお供にもできるので、移動中にもタピオカが飲めるなんて楽しくなりそう♪販売中の3つのタピオカメニューについて詳しく紹介します。

東京駅で毎日茹でたてタピオカが楽しめる!

菓子研究家、いがらしろみさんプロデュースの「フェアリーケーキフェア」は、東京駅グランスタにあるビスケットとカップケーキのお店で、2019年9月12日(木)からタピオカメニューの販売が始まりました。東京駅構内にあるので、東京駅からの出発前や到着後にタピオカが楽しめるというわけです。
東京駅のコンシェルジュに問い合わせの多かった、「タピオカが飲める店はないの?」という要望に応えての登場とのことで、待ちわびていた人も多いはず!タピオカドリンクはもちろん、ソフトクリームと組み合わせたフロートやサンデーなどのスイーツメニューも豊富でボリュームがあるので、ちょっとお腹が空いたときにもいいですね。
これらのメニューに使われるタピオカは、東京駅グランスタの店内工房で毎日使う分のみ茹でているので、もっちもちの大粒タピオカを存分に楽しむことができます。また、こだわりの自家製黒糖シロップもタピオカとの相性抜群です!冷凍ではなく、茹でたての生タピオカを使用しているというこだわりがうれしいですね。

気になるタピオカメニューは?

東京駅から旅立つ人も、東京駅に到着した人も、冷んやり美味しいタピオカドリンクが、イートインでもテイクアウトでも楽しめます。早速メニューを紹介します。
●黒糖タピオカミルクティ 580円
「フェアリーケーキフェア」で人気のミルクティに、黒糖風味のもっちりタピオカと黒糖シロップをプラスしたスペシャルドリンクです。
これまでも取り扱うカップケーキ・ビスケットに合わせて、イギリスのブレンドティと自家製紅茶シロップを使って煮出したミルクティを販売していましたが、あるとき、このミルクティが黒糖やタピオカともマッチすることを発見!黒糖タピオカミルクティの商品化に結びついたそうです。ベースのお茶が本格派なので、すっきりとしつつも味わい深い1杯になっています。
●黒糖タピオカミルクティフロート 680円
黒糖タピオカミルクティを進化させ、ソフトクリームをトッピングしたメニューです。お店オリジナルのミルク感たっぷりのソフトクリームに、モチモチっとした食感の黒糖タピオカが新鮮な組み合わせになっています。
●黒糖タピオカサンデー 620円
リッチな味わいのオリジナルソフトクリームに、黒糖シロップと黒糖風味のタピオカが乗っています。フロートとサンデーはボリュームがあるので、ちょっと小腹が空いた時にもおすすめです。

1/2ページ

最終更新:10/9(水) 12:00
じゃらんニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事