ここから本文です

太陽系外から飛来したボリゾフ彗星、意外な事実が判明

10/9(水) 7:13配信

ナショナル ジオグラフィック日本版

天文学者が大注目の観測史上2例目の恒星間天体、徐々に明らかになる正体

 8月30日未明、アマチュア天文学者ゲナディー・ボリゾフ氏が奇妙な天体を発見した。太陽系の外からやってくる彗星だ。「2I/ボリゾフ」と名付けられたこの彗星は、太陽系の内側で観測された恒星間天体としては、史上2番目となる。

ギャラリー:小惑星、彗星 地球にぶつかったら大変な天体12点

 現在、世界中の大型望遠鏡がボリゾフ彗星に注目し、天文学者らがその組成や軌道について興味深いデータを収集し始めている。

 初めて観測された恒星間天体は、2017年に発見された「オウムアムア」だったが、見つかった時点ですでに太陽系を去りつつあった。オウムアムアを観測した天文学者らは全力を尽くして、奇妙に細長い形状など、多くの謎に包まれたこの天体の性質を解き明かそうとした。しかし最終的にオウムアムアは、答えよりもたくさんの疑問を残したまま去っていった。

 これとは対照的に、ボリゾフ彗星は太陽系に入ってきたところであり、これから年末にかけてますますはっきりと見えるようになる。「組成の研究に関しては、前回よりもずっと多くのことができるでしょう」と、英クイーンズ大学ベルファスト校の天文学者ミシェル・バニスター氏は言う。

 それでも、観測に適したタイミングは限られている。天文学者らは現在、世界最大級の望遠鏡を有する観測所に大急ぎで企画書を提出し、詳しいデータをできるだけ多く集められるよう調整を進めている。

「悔しくて仕方がありませんでした。わたしたちは準備不足で、やるべき宿題を終えていなかったんですから」と振り返るのは、米ハワイ大学天文学研究所のカレン・ミーチ氏だ。「きっと自然はわたしたちに、『予習はしっかりとしておけ』とでも言っているのでしょう」

 だからこそ天文学者らは、ボリゾフ彗星の初期のデータにも熱心に目を通し、太陽系外からやってきた天体をじっくりと観測する初めての機会を逃すまいと必死になっているのだ。

「この仕事についてからずっと、わたしはこの時を待っていました。ついにそれが現実となるのを目のあたりにできるのは、実に喜ばしいことです」と、米サウスウエスト研究所の宇宙物理学者で、彗星を研究しているルーク・ドーンズ氏は言う。

1/3ページ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事