ここから本文です

世界の独立国家には王室や皇室がいくつ存在しているか知ってる?

10/9(水) 18:33配信

@DIME

新天皇陛下の即位に際し、10月22日に「即位礼正殿の儀」、11月9日に「新天皇陛下の御即位をお祝いする国民祭典」が予定されていることもあって、皇室への注目度が高まっている。それに伴い、改めて、皇室のご公務にも焦点が当てられる機会が増えてきた。

天皇皇后両陛下はじめ皇族の方々は国際親善のために毎年様々な国にご訪問されているが、それによって国民はどのような影響を受けているのだろうか。そこでこのほど、総合旅行プラットフォーム「エアトリ」による20代~70代の男女752名を対象にした意識調査が行われた。※グラフありの元記事は下記同タイトルをクリックすることで見ることができます

どのくらいの国に「王室・皇室」があるか知ってる?
世界の独立国家には日本を含め27の王室・皇室が存在しているが、その数を正確に「知っている」と答えたのは5.2%に留まった。

「正確には分からないが、なんとなく知っている」と回答したのが59.6%と過半数を占めた一方で、「全く知らない」も35.2%に上った。



各国の君主について知っている人、「エリザベス2世」の認知度は86.3%!
「各国の君主について知っている人」を尋ねる調査が行われたところ、 1位はイギリスの「エリザベス2世」となり、なんと9割近くが知っていることが明らかに。

エリザベス女王に限らずイギリスのロイヤルファミリーは人気が高く、日本でも広く知られている。10月22日に行われる「即位礼正殿の儀」に出席するためチャールズ皇太子が11年ぶりに来日することが決まっており、引き続き多くのメディアで目にする機会がありそうだ。

2位にはブータンの「ジグミ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク国王」が入った。日本は古くからブータンの支援を行っており、強い繋がりがあったが、世間に広くブータンが知られるようになったのは2011年のワンチュク国王とジェツン・ペマ王妃の来日。

2人の容姿の美しさやどことなく日本人に似ている雰囲気、「世界一幸せの国」という情報が多くの人の興味を引いた。

今年の8月にも秋篠宮ご夫妻と長男悠仁さまがブータンに私的旅行をされており、今後も日本とブータンの絆は強固なものとなりそうだ。

また、3位の「ラーマ10世」は2016年に父親のプミポン国王が死去され、日本でも大きく報道されたことが要因と考えられる。



なお、日本を除く26か国の王室君主について知っているかどうかを尋ねる調査が行われたところ、「知っている」と答えた数の平均は「6人」となった。

皇室の方々が国際親善のご公務を行ったことで興味を持った国、約4割が「ある」と回答
「皇室の方々が国際親善のご公務を行ったことで興味を持った国や地域はあるか」と尋ねる調査が行われたところ、 「興味を持ち、実際に訪れた」の3.5%、「興味を持った国・地域がある」の37.2%と合わせると40.7%もの人が皇室の方々が海外を訪問したことで何らかの興味を抱いた経験があることが分かった。



国際親善のご公務で興味を持った国、「ブータン」がダントツ1位!
国際親善のご公務で興味を持った国・地域が「ある」と回答した人を対象に、「国際親善のご公務で興味を持った国はどこか」と尋ねる調査が行われたところ、 2位の「オランダ・タイ」を大きく引き離して「ブータン」が1位となった。

理由の多くが「世界一幸せの国である理由を実際に見て感じてみたい」というものだった。

また、「タイ」と共に「親日国という印象を抱いたから」という意見も見受けられた。「オランダ」は第二次世界大戦後、互いにわだかまりを抱いていた中で皇室の訪問がそのわだかまりを解いたとして非常に意味がある公務だったと強く思い出に残っている人が多いようだ。

また、4位の「イギリス」についてはエリザベス女王を始めとした王室の品の良さがおしゃれで高貴といった良いイメージを生み出していることが意見からうかがえた。



「即位礼正殿の儀」が行われる10月22日は今年だけの祝日で、前日にお休みを取れば最大4連休となる。皇室ゆかりの地へ訪問し、今年ならではの旅行を楽しむのもおすすめだ。

「ブータン」を選んだ人の理由
・世界一幸せな国とはどんな所か?どのような生活をしているのか?とても気になった。(50代・女性)
・顔が日本人に似ているから、親しみが湧いた。(50代・女性)
・東日本大震災のすぐあとに国王夫妻が新婚旅行をキャンセルせずに訪日してくれた。(40代・女性)

「オランダ」を選んだ人の理由
・戦後、日本を憎んでいた国民が、陛下と皇后の訪問をきっかけに国民感情が変わっていった…。と、報道で知ったから。(50代・男性)
・愛子様、現天皇陛下・皇后陛下(当時皇太子殿下・皇太子妃殿下)3人での初めての海外訪問だったから。(50代・女性)
・皇后が泣いた子供を抱いたシーンが印象的だった。(60代・男性)

「タイ」を選んだ人の理由
・プミポン国王が国民にとても慕われていたので天皇陛下と通じるものがあるかと感じた。(40代・女性)
・親日国という印象を抱き、安心できると思った。(70代・男性)

■調査概要
調査タイトル :「世界の王室・皇室」に関するアンケート調査
調査対象 :20代~70代の男女753名
調査期間 :2019年9月5日~9月8日
調査方法 :インターネット調査
調査主体 :株式会社エアトリ

出典元:株式会社エアトリ
https://www.airtrip-corp.com/news/2019/3108/

構成/こじへい

@DIME

最終更新:10/9(水) 18:33
@DIME

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ