ここから本文です

ガウフがラッキールーザー出場で2回戦進出 [女子テニス]

10/9(水) 19:01配信

テニスマガジンONLINE

 オーストリア・リンツで開催されている「オーバーエスターライヒ・レディース・リンツ」(WTAインターナショナル/10月7~13日/賞金総額25万ドル/室内ハードコート)の女子シングルス1回戦で、 コリ・ガウフ(アメリカ)が予選勝者のシュテファニー・フェーゲレ(スイス)を6-3 7-6(3)で下し、2回戦に駒を進めた。

2019年WTAツアー表彰写真|PHOTOアルバム

 15歳のガウフは、大坂なおみ(日清食品)に敗れたUSオープン3回戦以来の大会出場だったここリンツで、予選で敗れたものの他のプレーヤーが棄権したためラッキールーザーで本戦出場権を獲得した。

「今日私はメディアに対応する予定になっていたから、とても驚いたわ」とガウフは明かした。

「私は練習してホテルに戻り、それから電話を受けて40分後にはコートに戻っていたの」

 ガウフは4回戦に進出した今年のウインブルドンでブレイクを果たしたが、インドアコートではこれがキャリア初の勝利だった。

 ガウフは第2セット5-3からマッチポイントを握ったが、フェーゲレはそこから3ゲームを連取して6-5から自分のサービスを迎えた。しかしガウフはそこでブレークバックに成功し、タイブレークでは最後の6ポイントを取って、カテリーナ・コズロワ(ウクライナ)に対する2回戦へ勝ち進んだ。

「ドローのあまり先のほうは見ていないわ。私はただ自分のテニスをプレーし、楽しみ続けるだけ」とガウフはコメントした。

「今日は私のラッキーデーだった。だからその幸運を2回戦をプレーするときに持ち込み続けられるよう願っているわ」

 この日最大の番狂わせは、予選勝者のアンナ レナ・フリードサム(ドイツ)がUSオープン・ベスト4でここでは第2シードのベリンダ・ベンチッチ(スイス)を6-4 2-6 6-2で倒した試合だった。

 そのほかの試合では、第4シードのドナ・ベキッチ(クロアチア)がポロナ・ヘルツォグ(スロベニア)を6-1 6-1で下し、第5シードのユリア・ゲルゲス(ドイツ)はマルガリータ・ガスパリアン(ロシア)を6-4 6-2で退けた。(C)AP(テニスマガジン)

2019 US Open Tennis Tournament- Day Seven. A smiling Coco Gauff of the United States while hitting balls into the crowd after her victory with partner Catherine McNally of the United States in action Nicole Melichar of the United States and Kveta Peschke of the Czech Republic in the Women's doubles round two match on Louis Armstrong Stadium during the 2019 US Open Tennis Tournament at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on September 1st, 2019 in Flushing, Queens, New York City. (Photo by Tim Clayton/Corbis via Getty Images)

最終更新:10/9(水) 19:01
テニスマガジンONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事