ここから本文です

【ラグビーW杯】南ア選手、勝利後の“ユニ交換の珍事”に爆笑 ファンは感動「DVDにしてほしい」

10/9(水) 21:03配信

THE ANSWER

相手選手がジャージが着られず、取った行動は…「見てるだけで幸せに」の声

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は8日、神戸・御崎公園球技場でB組の南アフリカが10トライを奪い、カナダに66-7の圧勝。決勝トーナメント進出を決めたが、試合後になんとも微笑ましいハプニングがあった。互いに健闘を称え合い、ユニホーム交換したが、カナダ選手が汗で上手く着られず、南アフリカ選手が着させてあげ、思わず爆笑。心温まるシーンを大会が動画付きで公開し、「なんだろう、涙が出てくる」「DVDにして欲しい」「見てるだけで幸せになります」と反響が広がっている。

【動画】「なんだろう、涙が…」「DVDにして欲しい」と感動の嵐! ジャージが着られないカナダ選手に思わず…南アフリカ選手の“ユニ交換の珍事”の実際の一部始終

 大差がついても、ホイッスルが鳴れば、楕円球を追う仲間に戻った。80分を戦い抜いたピッチ上、選手たちがユニホーム交換を始めた。南アフリカの38歳ブリッツはカナダのクアットキンに渡し、自身はすぐに赤いジャージを着た。しかし、クアットキンに異変が……。サイズが合わないのか、汗で滑るのか、一向に着られない。子供のような様子を見て、ブリッツが歩み寄った。

 他の選手と一緒になんとか引っ張り、ユニホームを下ろしてあげた。ようやく綺麗に着ることに成功すると、ブリッツは思わず爆笑。クアットキンも照れくさそうに笑っていた。最後は整列し、2人が先導して両国そろって客席にお辞儀。なんとも温かい間柄が伺えるシーンとなった。大会公式日本語版ツイッターが実際の一部始終を公開すると、ファンからも思わず笑みがこぼれた。

ファンも感動「不思議だけど、泣けてくる」「DVDにして欲しい」

「ズーーーーット見ていたいこの光景笑」
「この素敵な光景、いつまでも記憶に残るでしょう!」
「見てるだけで幸せになります」
「なんだろう、涙が出てくる」
「こんな美しいスポーツ、他にあるかな」
「感極まりました」
「いちばん感動したかも」
「選手たちの笑顔見てると心が洗われます」
「不思議だけど、泣けてくる」
「ノーサイドの最高の笑顔」
「DVDにして欲しい」

 神戸開催4試合の締めくくりとなったシーンにコメント欄の感激もひとしお。1次リーグは佳境に突入し、南アフリカのように4試合を終えたチームもあるが、互いにリスペクトを持ちながら、戦い抜く姿勢はまだまだ多くのファンの心を打ちそうだ。

THE ANSWER編集部

最終更新:10/9(水) 21:03
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事