ここから本文です

ちょっとのお肉がボリュームおかずに! 「ゆで卵の肉巻き照り焼き」

10/9(水) 16:30配信

レタスクラブニュース

お財布がピンチのときのお助けメニューといえば、野菜などを薄切り肉で巻いた肉巻きです。少量の肉でも具によってかなりのかさ増しができるうれしい一品ですが、その中でもダントツのボリュームを誇るのが「ゆで卵の肉巻き照り焼き」。パクッとかぶりつけば、甘辛だれがしっかり絡んだ肉からうまみがジュワッ! 黄身の色味も鮮やかな一品は目にも楽しく、見た目も華やか。誕生日などのお祝いメニューにもおすすめです。

卵1個につき、豚こま切れ肉1/4量を少しずつ重ねながら、全体をおおうように巻きつける

■ ゆで卵の肉巻き照り焼き

【材料・2人分】

豚こま切れ肉 120g、ゆで卵 Sサイズ4個、チンゲンサイ 大1株(約150g)、たれ(みりん・水 各大さじ2、しょうゆ 大さじ1 1/2、砂糖 小さじ2)、小麦粉、サラダ油、練りがらし

【作り方】

1.チンゲンサイは葉と軸に切り分け、軸は六つ割りにする。ゆで卵1個は水けを拭き、肉の1/4量を全体をおおうように巻きつける。残りも同様に作り、小麦粉大さじ2をまぶしつける。

2.フライパンに油大さじ1を熱し、1の肉巻き卵を、巻き終わりを下にして入れ、周囲にチンゲンサイを並べ入れる。肉巻き卵は時時転がしながら、全体に焼き色がつくまで7~8分焼く。チンゲンサイは上下を返しながら焼きつけ、火の通ったものから取り出して器に盛る。

3.たれを加え、とろみがつくまで約3分煮煮からめる。2の器に盛り合わせ、練りがらし適量を添える。

(1人分438kcal、塩分2.6g、調理時間15分)

最終更新:10/9(水) 16:30
レタスクラブニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事