ここから本文です

財前直見、役柄との共通点は「食べ物を勧めてしまうところですかね(笑)」<スカーレット>

10/9(水) 8:15配信

ザテレビジョン

戸田恵梨香がヒロインを演じる連続テレビ小説「スカーレット」(朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。

【写真を見る】照子(横溝菜帆)が“人さらい”に?心配する喜美子(川島夕空)ら

同ドラマは、高度成長期時代の滋賀・信楽(しがらき)を舞台に、男性ばかりの世界をがむしゃらな強さと持ち前の明るさで生き抜く女性陶芸家・川原喜美子(戸田)の姿を描く。

第1週(9月30日~10月5日)の放送から喜美子を支える人物として、財前直見演じる大野陽子が登場した。陽子は、夫の忠信(マギー)と、信楽の商店街にある大野雑貨店を切り回しており、おおらかな性格で、喜美子の母・マツ(富田靖子)のよき友人となり、 喜美子ら三姉妹にも何かと気遣いをしてくれるという役どころだ。

そんな陽子を演じる財前に役柄との共通点や撮影でのエピソードなどを聞いた。

――「スカーレット」に出演する事が決まった時のお気持ちは?

連続テレビ小説「こころ」(2003年)、「カーネーション」(2011年10月~2012年3月)、「ごちそうさん」(2013年9月~2014年3月)につづいて4作目の出演になりますが、やっぱり“朝ドラ”の良さというものがありますね。その時代の衣装も着られますし、今回なら信楽など、舞台となる場所の土地柄も勉強させてもらえるので毎回楽しみです。

「フェイク 京都美術事件絵巻」(2011年、NHK総合)、「カーネーション」、「ごちそうさん」でご一緒させていただいた内田ゆきチーフプロデューサーにまた呼んでいただけたことも、うれしかったです。

■ 財前直見、「陽子さんと自分も、あながち遠くはないのかもしれない」

――ご自身の役柄についての印象や、役のここに注目してほしいという点などはありますか?

常治さん(北村一輝)に旦那さんを助けてもらったという恩があり、たまたま陽子の実家筋に空き家があったので川原家にお貸しすることになるんです。陽子さんは、あっけらかんとしていて、細かいことを気にする人じゃありません。「いいよ、いいよ」「どうぞ、どうぞ」と大盤ふるまいするタイプで、すごく嫌味なく、すごくスマートに親切にできる人という印象ですね。

「陽子」という名前をぱっと見たときに「太陽の“陽”だな」と思ったので、出てくると明るくなったり、あたたかくなったりするイメージの人物になるよう心がけています。その場の空気はあまり読まず、ぱっと入って来ますけどね(笑)。

私は今も小さい頃から育った大分で暮らしていて、「スカーレット」の世界となんとなく近いものがあるかもしれません。家でかぼすが採れた時にご近所に持って行ったりすると、お魚がいっぱい釣れた時に持ってきてくれたり、テレビの撮影が来るとなったらおはぎの差し入れをいただいたりするんです。

私が陽子と似てるところは「お客さんが家に来たらあれも食べ、これも食べ」と食べ物を勧めてしまうところですかね(笑)。これは、母譲りなんです。あと、食材をむだにするのがもったいなくて、採れた季節のものをどう長持ちさせておいしく頂くかに興味があります。自分で作れば安心安全だし、季節のものをおいしく頂けるのがぜいたくだなと感じます。陽子さんと自分も、あながち遠くはないのかもしれないですね。

■ 財前直見「楽しんでる感じがすごくこちらに伝わってくる」

――収録に参加されてみて、現場の印象は?

「ごちそうさん」ぶりにNHK大阪局へ来ました。忘れているところもありますが、懐かしいですね。最初からリラックスした感じで和気あいあいとしていますよ。

主演の戸田恵梨香さんとは、初めての共演です。ほんとうにしっかりされてるなあと思うし、座長感もあります。そして、やっぱり撮影を楽しんでますよね。そこがすごくいいなと思います。その楽しんでる感じがすごくこちらに伝わってくるので、いい雰囲気になるんです。

――読者の方々へのメッセージをお願いします。

令和に初回を迎える“朝ドラ”ということで、ゼロから1になるところに意味を感じています。信楽焼をはじめて女性がつくるという点でも、ゼロから1ですしね。ものづくりの良さや、家族の良さはもちろんですが、「スカーレット」というタイトルから伝わる「火」のイメージどおり、あたたかさがにじむ作品になったらいいなと思っています。

ファミリーのあたたかさ、太陽のあたたかさ、人間のあたたかさがあるドラマですね。みなさんにもあたたかい気持ちになってもらえると思うので、ぜひ楽しみに最後まで観てください。よろしくお願いします。

■ 第10回(10月10日[木]放送)のあらすじ

隣町で人さらいの事件が発生。注意喚起される中、喜美子(川島夕空)の友人・照子(横溝菜帆)が行方不明に。信楽では地元総出で捜索が行われる。喜美子はとらわれた照子の姿を想像し、祈る気持ちで神社へ駆け込む。すると照子と見知らぬ男の姿。喜美子は学んだ柔道で助けようする。

5年後、15歳の中学生になった喜美子(戸田恵梨香)。卒業を控えて、友人・信作(林遣都)から自転車を借りる。叫びながら駆け下りた坂道の先には…。(ザテレビジョン)

最終更新:10/9(水) 8:15
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事