ここから本文です

自由なDINKS生活の果て 浮気疑惑メールに何も感じず

10/9(水) 10:35配信

日経ARIA

夫婦の3組に1組が離婚するといわれる時代。結婚に理由があるのと同様、離婚にもまた理由があります。離婚までの4つの「峠」を経験者に打ち明けてもらいます。

由香

(仮名、49歳、会社員)

32歳で結婚、42歳の時に離婚、犬と一人暮らし

●優しく穏やかでいい人だけど、とにかく仕事が好き

 元夫は高校時代の部活仲間で、大学に行ってからもときどき会う友達でした。社会人になって5年ほどたった頃、お互いの勤務先が近かったこともあり、たびたび食事をするようになりました。ちょうど仕事や家族のことで悩みがあったので、話を聞いてもらっているうちに「この人は信頼できる人だな」と親近感を抱くように。自然とお付き合いに至りました。

 お互い実家暮らしだったので、時間があるときに会うさっぱりした付き合い方をしていましたが、彼はとにかく仕事が趣味のような人。周りの友達も心配するほど仕事にのめり込んでいて、いつも時間がなさそうという印象でした。もちろん、仕事そのものが忙しかったことは確かですが、彼の場合は自ら好んで忙しくしているような感じもあり、周囲からの期待に応えようと必死になっていました。理想が高く、自己承認欲求が強い人なのでしょう。もっと何かできるはずだと、とにかく仕事をしていました。

 優しく穏やかでいい人でしたが、仕事第一の彼なので、私との時間は優先してもらえません。5年お付き合いして32歳で結婚しましたが、彼は帰宅が遅かったり帰って来なかったりが当たり前。家で一緒にいるときは話も盛り上がるし楽しいけれど、お互い自由気ままに生活していたので、結婚しているという実感はあまりありませんでした。一人でいるほど寂しくないし、経済的にも安定しているし……と結婚のメリットも感じていましたけどね。

●まるで、うるさくない親、兄のような存在

 結婚してからずっと、そんな自由気ままな暮らしぶりでした。結婚生活10年間の中で、彼が日付が変わる前に帰って来たことは片手で数えられる程度。平日にご飯を一緒に食べたことは2回しかありませんでした。私も当時は仕事が楽しかったので、海外出張に頻繁に行ったり、深夜まで仕事をしてそのまま同僚や友人と飲みに行ったりしていましたしね。

 彼は、結婚当初は週末は家にいましたが、結婚生活も終わりの頃になると土日どちらか1日は不在でした。私は週末くらいゆっくりしたいのに、朝から一人で仕事やスポーツジムなどに出かけて行く。家にいてもデスクワークをしていて、夫婦で過ごせる貴重な休日もバラバラな生活でした。もはや彼はうるさくない親のような、兄のような、空気のような存在になっていました。

 私のことを全く束縛せず、お互い自由だったので、大きな不満はありませんでした。もし普通の結婚生活を望んでいる女性だったら、もっと早くに不満がたまっていたでしょうね。

 ただ、長期休暇には二人で旅行に行っていましたが、いつもけんかのもとになるんです。旅先でもホテルの部屋で延々とPC作業や携帯メールをしている。私はよく一人で街を歩いていました。

 ある年の夏休みにバリ島に行ったとき、偶然旅先で彼の同僚と会ったのでディナーを一緒にしようということになりました。そんなときでも、急な仕事が入ったからと言って彼はホテルの部屋に引きこもってなかなか出て来ない。同僚との食事中に、「由香ちゃんはよく我慢してるよね」と言われてハッとしました。そうか、私は我慢していたのかもしれないと、初めて気付きました。毎回出張に付き合わされているような感じの旅で、ゆったりと二人で観光したことは一度もなかったんです。私は彼の会社と結婚したわけでも、クライアントと結婚したわけでもないんだ! と悲しい気持ちになりました。

1/2ページ

最終更新:10/9(水) 10:35
日経ARIA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事