ここから本文です

90年代に一世を風靡した、伝説のモデルたちのビフォー&アフター

10/10(木) 0:00配信

コスモポリタン

90年代に一世を風靡したスーパーモデルたち。颯爽とランウェイを歩く彼女たちは世界中の女性たちの憧れの的となり、時代のアイコンとして大活躍。あれから20数年。彼女たちは今どうしてる? コスモポリタンアメリカ版が、スーパーモデルたちの90年代と現在を比較しました。

【写真】変わらぬ美しさ!90年代のスーパーモデルの当時と今

タチアナ・パティッツ

左は1991年、当時スーパーモデル界の「ビッグ5」の1人として大活躍していたタチアナ。「プラダ」の春夏コレクションで着た、格子柄のショートスーツから伸びる長~い足が印象的。

右は2019年、ミラノで行われた「エトロ」のランウェイに登場。現在も現役で活躍中。

シャローム・ハーロウ

左は1995年、「クリスチャン・ラクロワ」のオートクチュールのショーにて。当時のスタイルを象徴する、赤いスーツが印象的。

右は2019年、ミラノで開催された「ヴェルサーチ」のショーにて。しなやかボディは変わらないどころか、進化している!?

エル・マクファーソン

左は1995年、美しい金髪のロングヘアが印象的。健康的な表情が人気でした。時代を感じさせるビニール製のブーツも良い。

右は2019年、洗練さに磨きがかかったエル。グウィネス・パルトローによるライフスタイルブランド「グープ」のヘルス・サミットにて。

エヴァ・ヘルジゴヴァ

左は1992年、チェコスロバキア出身のエヴァ。真っ赤なスーツで「シャネル」のランウェイに登場。

右は2019年、オールブラックのスタイルで「マックスマーラ」のショーに登場。

※この翻訳は、抄訳です。

最終更新:10/10(木) 0:00
コスモポリタン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事