ここから本文です

プロのバーテンダーが伝授! 大人として覚えておきたい「王道カクテル」5選

10/10(木) 12:00配信

食楽web

 この秋から新しいことを始めてみたい、またはワンランク上の時間を過ごしてみたい。そんな時に、例えば“行きつけのバーを作る”というのはいかがでしょうか? 1人でゆっくり飲みたい、または親しい友人と穏やかに会話を楽しみたい、といったシーンで、極上のカクテルとともに過ごす時間は格別です。

 とはいえBARに行きなれていない人にとっては、そもそも何を頼めばいいの? どんなお酒があるの? なんて不安な向きもいるかと思います。そんなBARビギナー向けに、今回は「クラシックカクテル」と呼ばれる、オーソドックスなカクテルを5つご紹介します。

 今回クラシックカクテルについて教えてくれるのは、渋谷にある『Bar 石の華』オーナーバーテンダーの石垣忍さん。2002年、全国バーテンダー技能競技大会で優勝し、翌年『Bar 石の華』をオープン。2005年には、国際バーテンダー協会公認の世界大会に日本代表として出場。最も権威のあるシニア部門(29歳以上)において優勝も果たした、日本を代表するバーテンダーの1人です。

バーの実力がわかる「ジントニック」

 その名の通り、ジンとトニックウォーターで作る「ジントニック」。割合やジンの種類などにより、そのバーの個性や実力がわかるとも言われるカクテルです。『Bar 石の華』では、爽快感を意識して、ライムのスライスとカルダモンパウダーのスパイスを入れています。

 使用しているジンは「No3ロンドンドライジン」。300年を超える歴史を持ち、現在もエリザベス女王とチャールズ皇太子から御用達指定を受けるワイン商ベリー・ブラザース・アンド・ラッド社のプレミアムジンです。

カクテルの王様「マティーニ」

 そして、カクテルの王様と呼ばれる不動の人気を持つのが「マティーニ」。ドライジンとフレンチベルモットのペアリングは、透明感のある、飲みやすい一杯。こちらもジントニック同様、バーの個性や実力がわかると言われるカクテルです。ジントニック同様、最初の1杯目としてオーダーするのもおすすめ。程よい苦味、そして香りは、まさにキング・オブ・カクテル。バーに行ったら必ず頼みたいお酒です。

1/2ページ

最終更新:10/16(水) 13:18
食楽web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事