ここから本文です

【カワサキ】その名は“Z H2”!! スーパーチャージドZのティーザー動画第3弾が公開され、スタイリングも明らかに!

10/10(木) 5:00配信

WEBヤングマシン

ニンジャH2系ネイキッドで確定!

9月16日、30日と公開されたティーザー動画……。そう、カワサキのスーパーチャージャーを搭載する新型Zの登場間近を知らせる公式映像だ。その第3段が2019年10月10日未明(日本時間)に公開された。明らかになったのは真横の姿と、Z H2という車名だった。

【動画第3弾“Z H2, Supercharge“ 23 October 2019をチェック!】

10月23日、東京モーターショーで“Z H2”が初公開される!

やはりニンジャH2ベースだった! 2019年10月10日未明(日本時間)に欧州カワサキの公式動画チャンネルで公開されたティーザー動画は、第1弾、第2弾と比べてもひと際シンプルなものだった。スーパーチャージャー搭載を示唆するサウンドに、車両の真横から見たシルエット、そしてZ H2の車名のみという潔さだ。

これが既報通り10月23日、つまり東京モーターショーのプレスデーに世界初公開される。欧州でも北米でもなく、日本で発表されることに大きな意義を感じずにはいられない。近年は市場として大きな欧州&北米でニューモデルを先行発表する国産メーカーも少なくない。世界4大メーカーが揃うお膝元である日本に暮らす我々としては、事情は分かっているつもりでも一抹の寂しさはあったものだ。しかし、カワサキの心意気は“どうだ、これが日本車の存在感だ!”と言わんばかり。これをワクワクするなというほうが無理というものである。

ストリートファイターを超えた究極の“Z”

これこそまさに、究極のZであろう。いや、そもそもZという名が究極を表しているのではあるが……。細部は暗く落とされているためディテールは不明瞭だが、燃料タンク形状はニンジャH2よりもニンジャH2 SX寄りに見えること、そしてパッセンジャーシートを備え(ニンジャH2は一人乗り専用)、テールカウルの跳ね上がり方などもH2 SX寄りに思える。そうと決めつけるのは早計と重々承知しながらも、これはバランス型スーパーチャージャーを搭載したニンジャH2 SXをベースとしている可能性が高いのでは、という印象だ。

とはいえ、前記事で紹介したZ H2のフレームはH2 SXとも異なっており、これがシートフレーム周辺のみの違いなのか、フレーム全体が新作なのかは相変わらず判然としない。

1/2ページ

最終更新:10/10(木) 12:01
WEBヤングマシン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事