ここから本文です

【美容のきほん】初心者のための香水講座/香水の呼び名のちがい、種類、香りを長持ちするつけ方など

10/10(木) 15:01配信

VOCE

「香水が欲しいけど、何を選べばいいかわからない」という香水の初心者さんのために! 香水の種類や特徴、パルファン・オードパルファン・オードトワレのちがい、香りの変化の仕方や香りが長持ちするつけ方についてご紹介します。

香水の呼び名のちがい

香水(=フレグランス)には、大きく4つの種類があります。「パルファン(香水)」「オードパルファン」「オードトワレ」「オーデコロン」に分類され、どの種類に当てはまるかは、香料の濃度を示す「賦香率(ふこうりつ)」、つまりアルコールに溶かした香料の割合によって決まります。

しかし、香水の種類の分類については、法律や行政による規制などはありません。そのため、それぞれのフレグランス・メーカーによって、独自に分類の基準を設定することができます。

香水の種類

ひとつの目安として、香水の4つの種類のそれぞれの特徴をご紹介します。

■パルファン(香水)
・香料の濃度:15~25%
・持続時間:5~7時間
・特徴:香水の種類の中でも、香料の含有量が高く、最上級とされる香り。濃度が高いため、少量で強く香ります。フォーマルな場にふさわしいとされています。

■オードパルファン
・香料の濃度:10~15%
・持続時間:5時間前後
・特徴:「オード(EAU DE)」は、フランス語で“水の”という意味を表し、パルファンよりも濃度が低く、気軽にまとうことのできる香り。

■オードトワレ
・香料の濃度:5~10%
・持続時間:3~4時間
・特徴:オード パルファンよりも軽やかに香り、カジュアルに楽しめる香り。持続時間が短く、ほんのり香るので、普段使いや香水をつけ慣れていない初心者におすすめです。

■オーデコロン
・香料の濃度:3~5%
・持続時間:1~2時間
・特徴:最も濃度が低く、ライトなつけ心地をシャワー感覚で楽しめる香り。全身どこでも、多めにつけても大丈夫です。

香りの立ち方

香りは、つけてから香りを感じなくなるまで、3段階で変化します。香水に配合されている香料によって、つけてすぐに香り立つものや、時間が経ってから香り出して、ずっと持続するものがあります。そのため、時間の経過によって、香りの表情は変化します。

■トップノート(=香りの第一印象)
・香る時間:つけてから5~10分程度
・特徴:アルコールといっしょに揮発性の高い香料が香ります。ツンとした刺激的な香りで、持続しません。

■ミドルノート(=香りのボディ)
・香る時間:つけてから30分~2時間程度
・特徴:すべての香料がバランス良く、しっかりと香り立ちます。香水の核となる香り。

■ラストノート(=香りの余韻)
・香る時間:つけてから2時間以降
・特徴:最後に余韻を残すように、香ります。ムスクなどの動物性香料や、バニラや樹脂などの残香性のある香料が主で、ゆっくりと消えていきます。

1/2ページ

最終更新:10/10(木) 15:01
VOCE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事