ここから本文です

人気&実力派ショートブーツが新登場! その実力をインプレッション #ゴー・ライド

10/10(木) 11:30配信

WEBヤングマシン

今話題のショートブーツをオフロードマシン ゴー・ライド編集部がインプレしてみた

プロテクション性と歩きやすさ・履きやすさを両立したショートブーツの人気が高まっている。そんな中、本格的な作りに定評あるFormaがニューモデルを発売した。それがTERRA EVO LOWだ。人気のADVENTURE LOWと比較し、その詳細に迫る。インプレは『オフロードマシン ゴー・ライド編集部』の編集長によるものだ。

【写真をまとめて見る】

『Forma TERRA EVO LOW』『Forma ADVENTURE LOW』実力派ショートブーツが新登場!その詳細に迫る!!

厳選した素材を使用し、おもなパーツやモデルの生産はすべてヨーロッパ圏内で調達。徹底した品質管理を行なっているイタリアのブランド「フォーマ」。ブーツメーカーとして40年以上の歴史を持ち、ライディング中の安全性はもちろん、バイクを降りた後の歩きやすさも開発コンセプトになっている。

そのフォーマのブーツには、林道ツーリング向けに通常の高さ40cmの「TERRA EVO(テラエヴォ)」と「ADVENTURE(アドベンチャー)」をラインナップ。「テラエヴォ」は、ハードなライディングで安心感を得られるプロテクション性と歩行のしやすさを両立しているのが特徴。一方の「アドベンチャー」はDRYTEX製の透湿防水シートを採用し、全天候に対応。柔らかめの作りがロングツーリングで快適な一足になっている。

これらのコンセプトを受け継ぎつつ、街乗りからもっと気軽に履けるようにと、ブーツ丈を約25cmにショート化しているのが、「テラエヴォ ロー」と「アドベンチャー ロー」だ。似ているようで異なるこの2足のショートブーツ。それぞれの特徴を見ていこう。

【概要】Forma TERRA EVO LOW

【Forma TERRA EVO LOW】

【Forma TERRA EVO LOW】ソールからの高さは約25cm。くるぶし部分の樹脂製プロテクションパーツにはヒンジが設けられている。足首の上下方向へのスムーズな動きに貢献しつつ、左右方向への余分な動きを制限してくれる。

【Forma TERRA EVO LOW】 バックルはアルミ製。強度があり、確実にロックする。ベルトは2本だが、装着感が高く、足へのフィット感は良好。

1/3ページ

最終更新:10/10(木) 11:30
WEBヤングマシン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事