ここから本文です

【RIZIN】朝倉海、佐々木憂流迦戦に向け「正直言って、寝技でも普通に勝負できる」=10月12日(土)『RIZIN.19』大阪

10/10(木) 17:02配信

ゴング格闘技

2019年10月12日(土)の『RIZIN.19』エディオンアリーナ大阪大会に向け10日、大阪府内で個別インタビューが行われた。

【写真】佐々木同様に手足の長さが際立つ朝倉海

第12試合のセミファイナルでは、61kg契約(5分3R・ヒジ有り)で、朝倉海(トライフォース赤坂)が、元UFCファイターの佐々木憂流迦(セラ・ロンゴ・ファイト・チーム)と対戦する。

佐々木とは当初、4月の「RIZIN.15」横浜アリーナ大会で対戦予定だったが、佐々木が内臓疾患によりドクターストップがかかり欠場。試合が流れていた。

朝倉海は、8月の『RIZIN.18』メインイベントで、RIZIN&Bellator世界バンタム級王者・堀口恭司(ATT)を1R1分08秒、KOで破り、RIZIN負けなしの5連勝。同じくRIZIN5戦無敗の兄・朝倉未来とともに“RIZINの顔”になりつつある。

今回の佐々木戦に向け、海は「(4月に試合が決まった)前から分析は出来ている。前回の石渡選手との試合もあらためて分析して、そこでもやっぱり癖みたいなものは見つけました」と、堀口戦に続いて、兄弟での対戦相手の研究は万全の様子。

佐々木が得意とする寝技への対策についても、「自信はあります。正直言って、寝技でも普通に勝負できると俺は思っています」と、相手のフィールドでの勝負でも自信を見せると、「俺は試合で寝技をあまり見せたことないので、向こうには未知数。そこは研究できないところなので、ある意味、怖い部分じゃないかなと思います」と、まだ試合では見せていない引き出しが残っていることを明かした。

「前回の堀口選手との試合を経て、自分自身がすごく成長できて、堀口選手に勝つための練習で、実力がすごく上がり、自信があります」と、成長の手応えを感じている海は、佐々木との対戦で、「やっぱり相手の弱い部分をどんどん攻めていこうかなと思っています。まあそれで最終的にKOで勝つのが理想かな」と、自分のペースで試合を進めてフィニッシュすることを目指すとした。

果たして海は、“バンタム級四天王”の一角・佐々木を下し、年末の堀口恭司とのベルトを賭けたリマッチに駒を進めることができるか。

最終更新:10/10(木) 17:02
ゴング格闘技

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事