ここから本文です

比ドゥテルテ、難病告白 「年相応の病気持ち」と発表し火に油

10/10(木) 19:44配信

ニューズウィーク日本版

政治家にとって健康問題は命取り。難病の大統領は過密スケジュールに「俺を殺す気か」と漏らしたという

フィリピンのドゥテルテ大統領が難病である「重症筋無力症」を患っていることを自ら告白して話題となっている。74歳になるドゥテルテ大統領はこれまでにも数々の健康不安説が流れ、自身も背中の痛みや内臓の不調、睡眠薬服用などの病気を明らかにするなど満身創痍の状態とされている。

[動画] フィリピンの奇病患者

大統領の任期は2022年まで残っていることから「任期途中の辞任」のうわさも出ているが「大統領の職務遂行には支障も心配もない」(大統領府)として国民の不安払しょくに懸命となっている。

ロシアを訪問中だったドゥテルテ大統領は10月5日、モスクワで行われたフィリピン人コミュニティーとの会合の席で自ら「筋力が弱くなって片方の目のまぶたがさがる症状が出ている。このため片方の目は一方より小さくて勝手に動く」と目の調子に関して話しはじめた。

そして大統領府が6日に発表したドゥテルテ大統領の発言記録などによると「これは神経の機能不全で重症筋無力症であり、祖父からの遺伝だ」と病名についても明らかにしたのだった。

フィリピンのマスコミは一斉にこの発言を伝え、「確かに片方の目のまぶたが重たそうに見える写真がある」などと伝えるとともに大統領の過去の健康上の問題や病気にまで言及した。

ABSCBNニュースはさらに「74歳という年齢を考えれば、大統領は年齢相応の病気を持っており、特段心配することではない」とするサルバドール・パネロ大統領府報道官のコメントを伝え、国民の間に健康不安説が広がることへの懸念を示した。

<睡眠障害に食道逆流症など満身創痍>

2016年の大統領就任以来、ドゥテルテ大統領には健康問題が実は常に付きまとっていた。
2017年には睡眠時に酸素供給装置を使用していることを明らかにし、さらに脊髄損傷の痛みを和らげる鎮痛剤の処方も明らかにした。

2018年には胃と腸の内視鏡検査の結果、胃食道逆流症と医師団から診断されたこともある。2019年には睡眠薬の常用的服用を告白したほか、目が見えなくなっていると報道されたこともある。

こうした報道などで「いつも眠たそうにしている」「目を閉じているようだ」などという指摘は大統領自身が今回自ら告白した「重症筋無力症」と関係した症状だったのではないかとみられている。

フィリピンのマスコミ報道などがフィリピン医師会の見解などとして伝えたところによると、「重症筋無力症」は「目や口、顔、手足の筋肉が正常に動かなくなる神経系の病気で話しにくくなったり、まぶたが重くなったりというような症状が出るが治療法は確立していない」という。

ちなみに日本の厚生労働省では「重症筋無力症」は「特定疾患に指定された神経筋系の難病」とされているという。

1/2ページ

最終更新:10/10(木) 21:38
ニューズウィーク日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事