ここから本文です

【40代の秋のトレンドヘア】今一番のトレンドヘアを徹底分析!

10/10(木) 20:50配信

集英社ハピプラニュース

今、大人のヘアトレンドは“ゆれニュアンス”&“ストレートニュアンス”。プロが導き出したアラフォーの秋ヘアはこれ!

40代の秋のトレンドヘアスタイル写真一覧

この半年で、アラフォーのヘアトレンドはガラリと一転。巻きすぎないゆれ感、ストレートニュアンスへと、大きな変化を遂げている。秋服に似合い、洗練される、今一番のトレンドヘアを徹底分析!

今秋は、ストレートニュアンスとゆれニュアンスに注目
■スペシャル対策&分析

☆スタイリスト池田メグミさん
大人のトレンドを押さえたコーディネートで、マリソルなど女性誌で大活躍

☆美容師・ヘアアーティストmasatoさん
中目黒と自由が丘のヘアサロン『marr』を主宰。雑誌や広告でも活躍している

☆美容師CHIEさん
代官山のヘアサロン『PearL』を主宰。髪悩みを解決するヘアデザインで人気

☆ファッションエディター磯部安伽さん
おしゃれな誌面にファン多数。自身の私服にも注目が集まるファッションのプロ

☆美容ライター松井美千代さん
マリソルのほか、幅広い世代・性別の雑誌でヘア企画を数多く担当している

■今、アラフォーは髪型の替え時!やりすぎないニュアンスヘアへ
松井 マリソルを見て、今年、大人のヘアのトレンドが変わっていると痛感。

磯部 そうなんです! 私も撮影で、ヘアスタイルを「やりすぎないで」とよくオーダーするの。

池田 ここ1年くらいですかね。ゆるいヘアスタイルが多くなったのは。

CHIE それはヘアサロンでも感じます。大人の髪型が、コテで作る時代から、ハンドブローで作る時代に。

masato 毛先を切りっぱなし風のスタイルが流は行やったしね。

松井 2019年2月号のヘアBOOKでも佐田(真由美)さんは、代表的な切りっぱなし風ボブでした。

masato ウェット髪がトレンドになったのも大きい。巻きすぎるより、自然な毛流れのほうが相性がいいから。

磯部 ですね。ファッション撮影でもウェットな質感のヘアが増えています。

池田 昨年からボリュームのある服がトレンドだけど、髪がタイトだったりウェットだったり、ちょっとクールな印象なほうが合うんです。巻いても“ゆれニュアンス”くらいがちょうどいい。

磯部 そうそう、髪はファッションの一部。古い髪型だと、服、時代、空気感と、なんかちぐはぐになりやすい。

CHIE そういったトレンドヘアって、前髪が長めだったり、ニュアンスの毛束を顔まわりに残したり「じゃまな毛」があるんです(笑)。大人の女性は、そのじゃまな毛を嫌がることがあるので、今はちょっと我慢してほしい(笑)。

masato ストレートニュアンスなんて、ツヤを出しやすいから、むしろ大人向きだと思うなぁ。

松井 確かに。大人は“地味恐怖症”があって、つい髪を巻きすぎる傾向が。

磯部 そうね、今年は”やりすぎない髪”を意識するといいのかも!

■ストレートニュアンス
今、マリソルのファッションページでもモデルたちの髪型が、軒並みストレートっぽいニュアンスに。一見、ストレートだけれど柔らかい動きを仕込んでいるのが特徴。

一見、ストレート。でもさりげない動き!
トップは空気感のある丸みをもたせ、毛先は内に、外にランダムに動かして。

1/2ページ

最終更新:10/10(木) 20:50
集英社ハピプラニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事