ここから本文です

『スカーレット』第11話では、15歳になった喜美子(戸田恵梨香)が就職内定を反故にされて……

10/10(木) 8:20配信

リアルサウンド

 毎週月曜日から土曜日まで放送されているNHKの連続テレビ小説『スカーレット』。10月11日放送の第11話では、15歳になった喜美子(戸田恵梨香)が就職内定を反故にされてしまう。

【写真】ツインテール姿で登場! 15歳の照子を演じる大島優子

 喜美子が15歳の中学生になった第10話。第11話では、喜美子は中学卒業を控えて、信楽で一番大きい陶芸会社への就職が内定する。今後、喜美子の稼ぎが川原家の家計を支える柱になると期待されていた。ところがある日、会社に呼ばれた喜美子は「若い女性だから」という理由で内定を反故にされてしまう。喜美子は就職できないことを言えずに悩み、ようやく家族に打ち明けると、父・常治(北村一輝)が失踪。数日後、帰宅した常治が喜美子に告げたのは……。

 焼き物の里・信楽しがらきを舞台に、女性陶芸家・川原喜美子が、モノを作り出す情熱と喜びを糧に、失敗や挫折にめげずに生きていく波乱万丈の物語。主演の戸田恵梨香をはじめ、大島優子、林遣都、北村一輝、富田靖子、マギー、財前直見らがキャストに名を連ねる。

リアルサウンド編集部

最終更新:10/10(木) 8:20
リアルサウンド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事