ここから本文です

【かわいい画像つき】猫が布団に入ってくる理由って?注意事項も

10/10(木) 7:10配信

ねこのきもち WEB MAGAZINE

飼い主さんの布団に入り込んでくる愛猫。その理由について考えたことはありますか? 今回は、猫が布団に入る理由や、一緒に寝るときの注意点について解説。さらに、布団の「どこで寝るか」でわかる愛猫の気持ちをご紹介します!

猫が布団に入ってくる理由とは

愛猫が飼い主さんの布団に入り込んでくる、または布団の上で寝ることはありませんか? 寒い時期はとくに、飼い主さんにとっても幸せなひとときといえるかもしれません。それでは、猫が飼い主さんの布団で寝るのには、どんな理由があるのでしょうか? 主に、次のようなことが考えられます。

暖かいから

「冬になると一緒にお布団で眠る」「寒い日だけ入ってくる」といった飼い主さんの経験談が、多数あるようです。このことから猫は単純に寒いと感じると、暖を求めて自然と飼い主さんのそばで寝ようとしていることが考えられます。

子猫気分

若いころ去勢・避妊手術をした猫は、成長しても子猫時代の気持ちを持っていることが多いといわれています。そのため飼い主さんに甘える猫は多く、子猫の気分で飼い主さんと一緒に寝るという行動があるのかもしれません。本来、猫は単独行動をする動物ですが、信頼している相手にくっつくと安心感を得られるといわれています。

布団の居心地がいい

人が使っている布団や毛布は猫にとっても肌触りがよく、それを知った猫が気に入っていることもあるでしょう。「気持ちのいい場所で眠りたい」という単純な思いから、布団の中に入り込んでくるのかもしれません。

飼い主さんを信頼している

動物にとって「眠っているとき」というのは、もっとも無防備で外敵に狙われる危険な状態。そんな無防備な姿を飼い主さんのすぐそばで晒すのは、飼い主さんのことを信頼している証なのでしょう。つまり、猫にとっていちばん安全に眠れる場所が「飼い主さんのそば」ということなのです。

猫が布団に入り込んでくるのには、さまざまな意味合いが考えられます。いずれにせよ、飼い主さんを信頼している気持ちが根本にあるのかもしれません。つづいては、猫と一緒に寝る際に気を付けるべきポイントについて見ていきましょう。

1/3ページ

最終更新:10/10(木) 7:10
ねこのきもち WEB MAGAZINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事