ここから本文です

大阪の人気たこ焼きチェーン「くくる」商標めぐり全国でトラブルが続発!

10/10(木) 17:12配信

文春オンライン

 大阪土産を求める客で連日賑わう東海道新幹線の新大阪駅。「串カツ」「ねぎ焼き」といったご当地グルメが並ぶフードコードで一際長い行列が出来ているのが大阪名物の代名詞「たこ焼き」を販売する「たこ家道頓堀くくる」だ。道頓堀に本店を構え、全国に50以上の支店を持つ人気チェーン店である。

【写真】「くくる」の使用禁止を求める通知書

 そんな人気チェーンの商標をめぐって、日本各地の個人店とトラブルが起きていることが「週刊文春デジタル」の取材でわかった。

たこ焼き、お好み焼き業界では3本の指に入る

「たこ家道頓堀くくる」を経営するのは、大阪に本社を持つ「白ハト食品工業株式会社」。同社は1959年の創業。街のアイスクリーム屋からスタートした。

「さつまいもを使った芋菓子で有名な『らぽっぽ』を出店して大当たり。その後、たこ焼き屋の『くくる』の全国展開も進めています。両店ともに駅ナカ、デパ地下を中心に店舗数を拡大していて、2010年の上海万博では日本産業館にも出店し、シンボルの巨大タコの立体看板は話題を呼びました。白ハト食品の昨年度の年間売上は60億円以上。たこ焼き、お好み焼き業界では3本の指に入る大手です」(経済紙記者)

 その白ハト食品の代理人弁護士から、いま全国の「くくる」という名前の個人飲食店主に、次々と内容証明が届いているのだ。静岡県沼津市で「やきとり居酒屋くくる」を営む店主Aさん(40代・男性)は肩を落として、こう話す。

「自分は17歳まで沖縄の石垣島で育ちました。沖縄の言葉で『くくる』って、『こころ』って意味なんです。現地の人なら皆が知ってる言葉。だから、看板にも『くくるこめて焼いてます』って書きました」

「くくる」=「こころ」だった

 弁護士4人の名前が連なった通知書は、配達証明付きの内容証明でAさんのもとに届いたという。消印は8月21日、配達されたのは8月23日だった。

〈冠省 当職らは、白ハト食品工業株式会社(以下、「通知人」といいます。)を代理し、貴殿に対し、次のとおり通知いたします。
 通知人は、以下の商標権(以下、「本件商標権」といい、その登録商標を「本件商標」といいます。)を有しております。
 商標登録番号 第4041825号
 商標名 道頓堀 くくる たこ家
 指定役務 (法区分平成3年法)第42類 (「飲食物の提供」等含む)
 貴殿は、現在、「やきとり居酒屋くくる」なる標章(以下、「貴殿標章」といいます。) を店舗の看板や広告等に用い、飲食物を提供しておられます。しかし、貴殿標章は本件商標と類似するものであり、上記行為は、本件商標権を侵害するものです。(以下略)〉(通知書より)

 それまでトラックの運転手だったAさんが、「やきとり居酒屋くくる」を出店したのは5年前。子供が生まれ、家族と過ごす時間をできるだけ取りたいと思って、貯金を使い飲食店に初めて挑戦した。そのとき思いついたのが、「沖縄の心」という意味の「くくる」だったのだ。

「うちは焼き鳥屋だし、誰もたこ焼き屋とは間違えないですよね。通知書を受け取って以来、『なんで?』っていう気持ちばかりで、モヤモヤしてなかなか寝付けず睡眠不足の日が続き、体調も崩してしまいました。

 銀行や弁護士さんに相談するために何日か店も休みました。通知書には『誠意ある回答をいただけない場合には、通知人は、差止め又は損害賠償を求める』と書かれている。でも、どうすればいいのでしょうか? 『誠意ある回答』とは具体的に何をすればいいのかわからず、9月に入って、私たちは邪魔する意図がないことを明記して手紙を送りました」(Aさん)

1/4ページ

最終更新:10/24(木) 19:03
文春オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい