ここから本文です

千鳥ノブ「2019年一番の大仕事や!」BiSH愛語るもコンビ解散の危機?

10/10(木) 19:00配信

ザテレビジョン

10月10日(木)の「アメトーーク!」(毎週夜11:15-0:15ほか、テレビ朝日系)では、千鳥・ノブ待望の企画「~クセがすごい女性グループ~BiSHドハマり芸人」を放送する。

【写真を見る】吉岡里帆、千鳥大悟も驚くノブのBiSH愛とは?

スタジオには、ノブをはじめ、稲田直樹(アインシュタイン)、奥田修二(学天即)、徳井健太(平成ノブシコブシ)、関太(タイムマシーン3号)、酒井健太(アルコ&ピース)、宮下兼史鷹(宮下草薙)ら楽器を持たないパンクバンド・BiSHを愛する芸人たちが集結。BiSHへの熱い思いをぶちまける。

■ 稲田「ラルク以来の衝撃だった」

2015年に「新生クソアイドル」として結成、中毒になる人が続出中の楽器を持たないパンクバンド・BiSH。

ノブは、「『アメトーーク!』でBiSHを紹介できるなんて幸せ。2019年一番の大仕事や!」と喜びを語り、「ラルク以来の衝撃だった」という稲田らが、彼女たちの魅力をプレゼンし、布教活動に精を出していく。

■ ノブ「初めて千鳥の解散を考えた」

そんな中、ノブはゲストの吉岡里帆が千鳥の単独ライブにも来てくれたと言いつつ、「その時に流れてた曲は全部BiSHです」と告白。

すると、吉岡だけでなく大悟まで「えっ!?」とガチで驚いた様子で「なんで大悟が知らんねん!」と蛍原徹を筆頭に、全員から総ツッコミが入る。

「BiSHのココを熱く語りたい!!」のコーナーでは、ライブの盛り上がりや、“清掃員”と呼ばれるファンとの一体感などについてVTRを見ながら解説。

この時、ふと漏らした大悟の一言にノブが「初めて千鳥の解散を考えた!」とブチギレしてしまう一幕も。

「初体験BiSHライブ」のトークテーマでは、草薙航基(宮下草薙)と高岸宏行(ティモンディ)が、宮下のアテンドでライブに初参戦。

掛け声や振り付けなどを練習していざ会場へ向かうも「ライブとか苦手なんだよ…」と後ろ向きな草薙。果たしてライブを楽しむことはできるのか。

また、番組ラストにはSPゲストとしてBiSHがスタジオに登場。目の前で見るパフォーマンスに、一同は大興奮する。(ザテレビジョン)

最終更新:10/10(木) 19:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事