ここから本文です

松岡昌宏「シンプルにめちゃめちゃ面白い」新境地の主演ドラマに自信<死役所>

10/10(木) 14:56配信

ザテレビジョン

10月16日(水)より放送の「ドラマホリック!『死役所』」(毎週水曜夜0:12-0:52、テレビ東京系)の記者会見が行われ、松岡昌宏、黒島結菜、清原翔、松本まりか、でんでんが出席した。

【写真を見る】松本まりかは、会見中も役を徹底⁉笑顔を封印するため口元を必死で隠す

同ドラマの原作は、累計300万部を超えるあずみきしのヒット漫画。自殺や病死、事故死など、さまざまな理由で亡くなった死者たちの、行き先を決める手続きをする“シ役所”が舞台となっている。

総合案内係のシ村を演じる松岡は、役柄について「死後の世界の話なので、血が通っていない役。これまでやったことがないからこそ色々手探りでやりつつ、やったことがないからこそ何やってもいいだろうと思います。新しい引き出しであることは間違いないです」と語った。

そして、「シンプルにめちゃめちゃ面白いと自信を持って言えます」と手応えを見せた。

クールなニシ川役の松本は、相当役作りにこだわったという。「原作に忠実に、というのをここまで徹底したことはないんじゃないかな。メークさんや美容師さんなど、いろんな方に細かい調整をしてもらい、作り込みました」と明かした。

また、「私はすぐ笑っちゃうんですが、笑わない役なので、会見中も笑顔の写真を撮られないよう気を付けたいです」と話すも、すぐ笑顔がこぼれてしまう松本。すかさず、松岡が「もう、いいんじゃないの?」とツッコむ一幕も。

さらに、作中でシ村が言う「お客様は仏様です」というせりふにちなみ、周囲の“仏様のような人”を聞かれた松岡は、「うちのジャニー(喜多川)さんは本当に仏様になっちゃいましたけどね。…すみません、ここ笑うところなんですけど」と苦笑い。

続けて、「大先輩の役者の方々は仏様のような人が多いです。夜10時を過ぎると、でんでんさんも仏様みたいになる(笑)。じーっと1点見つめている」と現場の様子を明かし、笑いを誘った。(ザテレビジョン)

最終更新:10/10(木) 14:56
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事