ここから本文です

結婚式に参列するドレス、アラフォーが黒以外で選ぶポイントは?

10/10(木) 15:48配信

女子SPA!

Q.1 結婚式のゲストとしてのドレス選び、ポイントは?

 来月の友人の結婚式に参加するときのドレス選びで悩んでいます。

 無難なのはブラックドレスなのかなと思うのですが、ほかの女性たちとかぶってしまうのと、私はあまり黒が似合わないため(顔立ちがキツく見える気がします)、できれば別の色のものを選びたいです。

 いま30代後半ですので、年齢的に落ち着いてみられ、かつ華やかさもあるドレス選びのポイントを教えて下さい。

(匿名希望)

ファッション・ブロガー小林直子さんからのお答え

 結婚式とひとことで言っても、それが教会で行われるものなのか、神社仏閣で行われるものなのか、披露宴は都心の一流ホテルで行われるものなのか、海辺の町のこじんまりとしたレストランで行われるものなのか、ガーデンパーティー形式なのかなど、いろいろです。

 ですからまずは、それがどこで行われるものなのかを考えなくてはなりません。

 質問者の方は「無難なのはブラックドレス」と書いていらっしゃいますが、もし教会でのお式でしたら、ブラックは喪をあらわす色なので適しません。同様に、披露宴が日中行われる屋外のガーデンパーティー形式の場合や、海辺の町の海を臨むレストランで行われる場合も、ブラックドレスはそのシーンに似合うものではないでしょう。

 どんな結婚式でもブラックドレスが最もふさわしく、素敵に見えるわけではありません。「できれば別の色を選びたい」ということなので、別の色で考えて全く問題ないと思います。

30代後半で気を付けたいのは、まずドレスの素材

 30代後半とのことで、気を付けたいのは、よく20代の皆さんが着ている、サテンやシフォンのぺらぺらした薄い素材のドレスと同じものは選ばないように、ということです。あれはいかにも安っぽいので(実際はそれほど安くはないそうですが)、30代後半の肌の質感には不つり合いでしょう。

 30代後半で気を付けたいのは、まずドレスの素材です。薄くて、腰がなく、身体の線もはっきりわかるような素材のものは避けましょう。

 ジャガードやふくれ織りなど、複雑な織りのもの、もしくは豪華なレースのものなど、生地自体がしっかりとしていて、ドレス自体の形がしっかりとあるもの、つまり、吊るした状態でも、ドレスが形を保っているような、立体的な作りのものを選ぶといいでしょう。

1/3ページ

最終更新:10/10(木) 15:48
女子SPA!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事