ここから本文です

若手女子アナの育成、「嫌われているアナ」を参考にする

10/11(金) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 10月改編を迎えたテレビ各局では女子アナたちの動きも活発になっている。落語家の立川志らくがMCの新番組『グッとラック!』(TBS系)では、アシスタントに若林有子アナ(23)が抜擢され、『めざましテレビ』(フジテレビ系)には藤本万梨乃アナ(23)がレギュラーに加わるなど、入社1年目の露出も増えている。

【トップ20】「好きな女子アナ」「嫌いな女子アナ」ランキング

 本誌はこのたび、994人を対象に「好きな女子アナ」「嫌いな女子アナ」調査を実施した(表参照)が、そんな若手アナの育成過程で注目されるのは「むしろ『嫌いな女子アナ』のほうで名前が挙がる女子アナ」だという。キー局の情報番組プロデューサーはこう話す。

「報道番組は別として、情報番組やバラエティでは視聴者に覚えてもらい、話題になることが最優先です。批判されるのも織り込み済みで、若手アナを起用した番組では“清楚に見えて毒舌”“高学歴なのにドジ”などキャラ付けを考えます。実力だけではすぐに人気が出ないので、“嫌われるほど注目された”アナのケースは参考になります」

“エース不在”にあえぐテレビ各局にとって、嫌いな女子アナでトップ、好きな女子アナでも11位の田中みな実アナ(フリー・32)や、唯一の20代で「好き」「嫌い」両方で10位以内に入った弘中綾香アナ(テレビ朝日・28)は無視できない存在のようだ。

「田中アナは嫌われていることをむしろ“おいしい”ととらえてそう。私もなんだかんだ言ってつい見てしまいます」(40代・女性)

「共演する芸人に『嘘つき』とツッコミを入れた弘中アナの毒舌っぷりがいい。いつも何を言い出すのか楽しみです」(50代・男性)

 と、“嫌われイメージ”を確立しながら、好かれてもいるのだ。芸能評論家の三杉武氏は言う。

「田中アナは恋愛体験を自虐的に明かし、女性誌でセミヌードを披露するなど、“嫌われている”と言いながら絶妙な匙加減で女性からの支持も増やしています。弘中アナも同様に頭の回転が速く、あざとい嫌われキャラを自覚的に演じています。視聴者は最初は嫌悪感を抱くけど、気づいたら一周回ってファンになっている。誰にでもできる芸風ではなく、絶妙なバランス感覚がある田中アナや弘中アナは貴重な存在です」

 女子アナたちにとって「好き」の反対は「嫌い」ではなく無関心──だ。

※週刊ポスト2019年10月18・25日号

最終更新:10/11(金) 7:00
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい