ここから本文です

日本テレビ、巨人CS初戦の視聴率苦戦の余波は新ドラマにも

10/11(金) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 プロ野球セ・リーグのクライマックスシリーズ(以下CS)ファイナルステージは、ファーストステージで2位・DeNAを破った3位・阪神が勝ち上がり、1位・巨人と対戦している。10月9日の初戦(巨人が5対2で勝利)は、日本テレビが生中継した。テレビ局関係者が話す。

「視聴率は7.7%(ビデオリサーチ調べ/関東地区。以下同)でした。今に始まったことではありませんが、日本テレビにとって巨人戦中継は悩みの種です。19時からの2時間が1ケタに終わった影響もあってか、21時台の『今夜くらべてみました』は6.6%と落ち込みました。視聴率は前番組の影響を大きく受けます。『今夜くらべてみました』は2ケタを取る日もあるので、かなり下がっている。裏番組では、この日から新たなシリーズがスタートした『相棒』(テレビ朝日系)が16.7%と好調だったこともありますが、巨人戦の7.7%も響いているでしょう」(以下同)

 巨人戦の低視聴率を引きずったのか、高畑充希主演の22時台の新ドラマ『同期のサクラ』第1話は8.1%に終わった。

「日テレの水曜22時台のドラマで、初回1ケタは昨年1月から3月まで放送された『anone』以来です。ドラマは1話に命運が懸かっているといっても過言ではない。8.1%スタートは痛いでしょう」

 かつて毎試合のように視聴率20%を叩き出していた巨人戦も、近年は年に数試合しか放送されていない。地上波だけでなく、衛星放送が登場し、BSやCSでセパ6試合が生中継される時代に突入したため、巨人戦の視聴率が下がったという意見もある。

「その論理からすると、ポストシーズンはセパ各1試合ずつしかないため、視聴率はもっと上がってもいいはずです。たしかに有料放送のG+でも巨人戦が放送されていますが、それが地上波と同じくらいの数字を取っていることはないし、地上波の視聴率の1%にも満たないでしょう。シーズン中、日本テレビで放送された7月31日の巨人対広島は5.1%、8月29日の巨人対広島は6.7%だった。CSの初戦でも、その数字とあまり変わっていない現実をどう受け止めるか」

1/2ページ

最終更新:10/11(金) 16:00
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ