ここから本文です

今こそ注目したい! ゆったり走れる旅仕様カブ、クロスカブ110

10/11(金) 18:20配信

モーサイ

カブ」のシリーズの中でも特にアソビゴコロのあるこのクロスカブ。道を選ばぬクロスオーバー的なキャラクターをねらい、STDよりも大柄な110、前後14インチの可愛らしい50と別仕様もラインアップ。各々キャラクターの異なる2本立てで、現在発売中のモデルだ。

【関連画像】ホンダ・CT125が東京モーターショー2019でコンセプトモデル公開っ!

東京モーターショーでCT125のコンセプトモデルが展示される今だからこそ、ハンターカブのコンセプトを引き継ぐ“現在の継承車”に注目してみたい。

ハンターカブ需要の継承車

野山へ分け入り狩りなどを楽しむため、不整地も走れるカブとして北米で生まれたハンターカブ(CT)シリーズ。古くはOHVエンジンのC100をベースとしたC100T(’61)が輸出向けに投入され、’62~63年にはC100/105Hが国内にも登場。
後にOHCエンジンのCT50(’68)とCT90(’69)を経て、’81年にはCT110が国内販売。
時は多機種拡販競争のHY戦争のころで、その後疲弊した市場の立て直しのため、CT110は’83年に国内ラインアップから消滅となった。

しかし、スーパーカブでアクティブに走り回りたいという層や、実用車と異なる意匠で趣味性を求める層に根強く支持され、CT110の海外仕様が逆輸入車として’10年ごろまで流通した。
そうした背景もあり、その性格を受け継ぐ初代のクロスカブが登場したのは’13年のこと。
同車は、中国生産となった先代スーパーカブエンジンを搭載し、豪州向け郵政仕様をベースに専用部品を加えて仕立てられた派生モデルだが、やはり旅好きのカブ乗りを中心に、根強く支持された。

この流れを汲み、新型カブをベースに刷新されたのが現在発売されているクロスカブシリーズで、大きな特徴は、新型カブ系エンジンでの走りの熟成と、先代よりも日本人に取り回しやすい方向での車体の見直しなどだ。
またもうひとつ新たなトピックが、50ccの投入だ。
こちらは110とは異なり、前後14インチの車輪を採用。以前のリトルカブ的な立ち位置のモデルと言え、110とはねらいやキャラクターが異なる。

そのため、ここでは110をクローズアップし、STDの110とどう違うのかを中心に紹介していくことにする。

1/4ページ

最終更新:10/11(金) 18:20
モーサイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事