ここから本文です

【ONE】アンジェラ「今までと全く違う試合になる」vs ジンナン「誰も私を止められない」、背水の陣の岡見「このままでは終われない」=10月13日(日)両国・第1部

10/11(金) 12:47配信

ゴング格闘技

0月13日(日)東京・両国国技館で開催される「ONE: CENTURY 世紀」に向け10日、ONE Championshipはパークハイアット東京で会見を行った。

【写真】「アイドル対決」の質問にも笑顔で答えた平田樹とイシゲ・リカがフェイスオフ

ステージには16名のファイターが登壇、それぞれコメントし、最後にフェイスオフを行った。

第1部では第11試合が行われる予定で、メインイベントはONE世界女子アトム級(※52.2kg)選手権試合。3月両国大会の再戦で、前回はアンジェラが階級を上げてONEストロー級世界王者ジンナンに挑み、腕十字を極めかけるも凌いだジンナンが5R逆転のTKO勝利を収めている。リーにとってはキャリア初の敗北となった試合から6カ月、今回はジンナンが階級を下げて、アンジェラの王座に挑戦する。

会見でアンジェラは、100回記念大会に向け、「2015年にONEで初めて戦ったのは高校を出てすぐのことでした。全ての試合をONEで戦ってきました」とこれまでの軌跡を振り返りながら、今回の再戦について、「今までと全く違う試合になります。なぜこの階級で私が王者なのか、世界に証明したいと思います」と力強く王座防衛を誓った。

対するジンナンは「6カ月前に私は彼女に勝っています。今回も私が勝って2本のベルトを手に入れます。前回よりずっと説得力がある勝ち方で獲ります。私を止める人は誰もいません」と、アンジェラのニックネーム「Unstoppable」を引用して、二階級制覇を宣言した。

また、第1部の第5試合に登場する元UFCファイターの岡見勇信は、ONEの強豪相手に2連敗を喫していることについて「この2試合があったから、今の自分があると思っています。この2戦が大きく成長させてくれました」と、復活への糧となったことを語ると、「このままでは終われない。『レジェンド』のつもりはなく、今でも自分が最強に強いと思っています。必ずONEのベルトを獲りに行く。タニ選手に踏みつぶされるつもりは一切ありません」と決意を語った。

最終更新:10/11(金) 12:47
ゴング格闘技

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事