ここから本文です

孤独な戦士の戦いを描くSWのドラマ『ザ・マンダロリアン』よりマンダロリアンが立体化!

10/11(金) 20:00配信

アニメージュプラス

ディズニーの動画配信サービス「Disney+」が2019年11月12日より開始されると同時に配信予定の、スター・ウォーズの新ドラマシリーズ『ザ・マンダロリアン(原題)』に登場する、マンダロリアンがホットトイズより1/6スケールフィギュアで登場。本作は『ジェダイの帰還』から5年後が舞台となっており、ジョン・ファブロー監督が指揮を務め、孤独なガンファイターの苦難が描かれるらしい。

【関連写真】立体化されたマンダロリアン(3点)

そんな帝国崩壊後の銀河に現れた戦士・マンダロリアンを、全高約30センチ、30箇所以上可動するハイエンドな1/6スケールフィギュアで立体化。

シルバーのヘルメットは、光沢感のあるメタリックな金属の質感に汚れや傷などのウェザリングが施され歴戦の痕を感じさせる。

着用している装甲服は、さまざまな形状の装甲や、ダークブラウンのマント、インナースーツ、ベージュのベスト、銃弾を多数備えたストラップなど、細部に至るまで精巧な仕上がりに。 右肩の肩当ては着脱が可能で、付属のシルバーの肩当てと付け替えが可能だ。

また武器として、腰のホルスターに収納できるブラスター・ピストルと、ストラップに下げて背中に背負うことができる独特な形状のブラスター・ライフルが付属。 アクセサリーとしては通信機が付いてくる。

台座は砂地をイメージしたジオラマ風で、ストームトルーパーのヘルメットが突き刺さった旗がくくりつけられた槍のパーツが付属し、より一層世界観を掻き立てられる仕様になっている。

村北 恵子

最終更新:10/11(金) 20:00
アニメージュプラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事