ここから本文です

“ワンサイドゲーム”に柴崎岳も手応え「もっとうまくいかないかなと思っていたけど」

10/11(金) 11:00配信

SOCCER DIGEST Web

「特に前半の右サイドは…」

[カタール・ワールドカップ・アジア2次予選]日本6-0モンゴル/10月10日/埼玉スタジアム2002

【PHOTO】日本×モンゴル戦を彩った「美女サポーター」たち

 日本代表は10月10日、カタール・ワールドカップのアジア2次予選でモンゴルと対戦。6-0の大差で勝利した。

 32対0という両チームのシュート数からも分かるように、日本が実力差を見せつけるような“ワンサイドゲーム”の様相で試合は進んでいった。

 22分の南野拓実のヘディングでの先制ゴールを皮切りに、前半だけで4得点。余裕が生まれた後半にも2点を追加して、完勝を収めたのだ。

 ボランチで先発出場した柴崎岳は、「ある程度最後までリズムを保てたのは、チーム全体のパススピード、リズムというところが、ひとつあったんじゃないかなと」と振り返る。
 
 特に手応えを感じていたのが崩しの部分だという。

「連係面で言えば、もっとうまくいかないかなと思っていたんですけど、クロスの崩しは非常にバリエーションが増えた。(酒井)宏樹君が変わって安西(幸輝)が出たあとも、彼の特徴も活きる場面があった。特に前半の右サイドはよく崩せていたのではないかなと思います。ダイレクト、ワンタッチ、ツータッチで叩きながら、誰かが斜めに走ったりもできたし、チャンスを多く作れていた」

 もっとも、ボランチでコンビを組んだ遠藤航とのコンビネーションについては、改善の余地があると感じているようだ。

「ここでは言わないですけど、細かい部分はもうちょっとルール化したいですね。ふたりの関係をオートマティックにするために話し合う部分はあるかなと。連係の部分で言えば何回かミスもあったので、そういったところは改善できそうだと思います。航はやりやすいパートナーでもあります。あまり今季はチームで試合に出ていなくて久しぶりの試合だったと思うけど、非常に良くサポートしてくれた。ただボランチの関係性は良くしていけるかなと思っています」

 次節アウェーでのタジキスタン戦に向けて、より密なコミュニケーションが求められる。

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)

最終更新:10/11(金) 11:13
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事