ここから本文です

「無力な人間」でも他人を変えられる唯一の方法

10/11(金) 5:45配信

東洋経済オンライン

多数の起業家を輩出するスタートアップコンテストTOKYO STARTUP GATEWAYが主催する「TSGビジネススクール2019」において、起業を志す高校生と大学生たち5名が、発売たちまち12万部突破のベストセラー『サードドア:精神的資産のふやし方』の著者アレックス・バナヤン氏からメンタリングを受けた(「TSGビジネススクール2019」アレックス・バナヤン講演の内容は前回記事参照)。

この記事の写真を見る

18歳のとき、ビル・ゲイツやスピルバーグ、レディー・ガガなど世界屈指の成功者たちに突撃インタビューを試み、著書の出版を実現したバナヤン氏は、その豊富な引き出しから、学生たちの悩みに次々と的確な助言を繰り出した。

■ジェネラリストとスペシャリスト、どちらを選ぶか

 学生A:僕は大学で勉強しながら起業し、これまでいくつものサービスを作りました。同時に他の興味のあることにも取り組んできましたが、まだ僕にとってのサードドアは見つかっていません。もっと1つのことに絞ってスペシャリストを目指すべきなのか、それともいろいろなことに手をつけてジェネラリストであるべきか、悩んでいます。

 アレックス・バナヤン(以下、バナヤン):まず、シンプルにブレイクダウンしましょう。生き残るためには、ジェネラリストであるべきだと思います。しかし、そのプロセスで成功を収め、一層飛躍するためにはスペシャリストである必要があります。

 私が『サードドア』のプロジェクトを始めた18歳のころは、出版社がやっていることをたった1人でこなすような状態でした。企画を書き、原稿をつくり、売れるタイトルを考え、プロモーションの方法を探したり、といったことです。

 ですが、昨年本を出版することができ、27歳になってようやく各分野のプロたちと仕事ができるようになりました。ここ日本でも、担当の編集者がいるし、『サードドア』のプロモーションチームもあります。そのおかげで、こうしてメンタリングをしたり、講演したりという、自分がいちばん情熱を傾けられることに集中できるようになったのです。

1/5ページ

最終更新:10/11(金) 5:45
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ