ここから本文です

少女から大人へ。10代最後を撮り続けたセカンド写真集『吐息』が発売の大原優乃「子供扱いをされてきてずっと悔しかったので、20歳になれるのがうれしい」

10/11(金) 13:00配信

週プレNEWS

17歳のときに週プレでグラビアデビューした大原優乃(おおはら・ゆうの)ちゃんも、今年の10月8日でついに20歳に! そして、それを記念したセカンド写真集『吐息』(集英社)が10月11日(金)、発売になった。

10月12日(土)発売の『週刊プレイボーイ43号』では、そんな彼女が表紙&巻頭グラビアに登場。写真集の撮影秘話から現在の心境を告白してくれた!

■内面と向き合った奄美大島ロケ
――セカンド写真集のプロジェクトが始動したのは約1年前。いろいろと綿密な打ち合わせをして、実際に撮影が始まったのは雪がまだ残る春先でした。1回目の撮影が始まったときの心境はどうでした?

大原 あのときはドラマの撮影が終わったばかりで、まだこれから写真集を作るんだっていう実感があんまりなくて。ファースト写真集のときは、カラダ作りを事前にしたりして、早く撮影日がこないかなってウズウズしていたんですが、今回は個人的にかなり静かに始まった感じがします。

最初のロケで印象に残っているのは、いろいろな花と一緒に撮影したこと。桜にレンギョウ、椿、タンポポ。そのたびにスタッフさんが花言葉を調べてくれて、赤い椿の「控えめな美しさ」っていうのが一番好きでした。私もそうありたいなって(笑)。

――2回目の撮影は季節が変わった梅雨の時期。優乃ちゃんの地元・鹿児島にある奄美大島がロケ地だったんですよね。

大原 今回の写真集で本当にありがたかったのは、撮影をするたびに写真を見ながらミーティングを毎回できたこと。私もイメージが膨らませやすかったですし、次はこうしようって考えられた。本当にありがたかったですね。そのミーティングで、カメラマンの桑島さんに「奄美大島では大原優乃をストイックに撮る」って言われたんです。「内向的な感情になる映画とか見て、自分とひたすら向き合ってきてほしい」とも。

――優乃ちゃんのグラビアといえば、明るく元気で笑顔、というのが代名詞。内向的な感情を出した写真は、今まで見たことがないかも。それだけに、難しい撮影だったんじゃない?

大原 だから、奄美大島ロケは私も緊張していました。いつでもスイッチが入れられるように心の準備をしていましたから。古民家で撮影をしているとき、あ、ここだって思いましたね。

桑島さんとふたりきりで撮影したのですが、いつもと違ってカメラを構えながらまったくの無言。何も言ってくれないから何が正しくて、何が正しくないかわからなかったけど、私がやることを正しいと思ってくれているんだろうなって安心できる部分もあって。私のちょっとした変化に対して、シャッターを押すタイミングが変わったり、カメラの向こうに見える桑島さんの口角が少し上がったり。

ひとつひとつの無言のリアクションがうれしくて、撮影しているうちに、暗いところから私を引っ張り出してくれたような感覚になりました。すごく貴重な体験になったと思います。

1/2ページ

最終更新:10/20(日) 17:26
週プレNEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事