ここから本文です

李栄薫「反日種族主義」と私は闘う〈慰安婦問題を放置すれば韓国は崩壊する〉/聞き手・黒田勝弘――文藝春秋特選記事【全文公開】

10/11(金) 5:30配信 有料

文春オンライン

 ソウル大学元教授の李栄薫氏(68)は、韓国を代表する経済史学者だ。専門領域は李氏朝鮮時代から現代までの経済史で、とりわけ日本統治(植民地)時代の経済に詳しい。かねてから「日本は植民地時代に朝鮮を搾取した」として韓国社会に浸透し通説になっている収奪論は「間違っている」と主張してきた。

 今年7月、自身が所長を務めるシンクタンク・落星台経済研究所の研究員ら5名と共同で『反日種族主義』を出版した。慰安婦問題、徴用工問題、独島(竹島)問題、日本統治時代の評価などに関する韓国の反日は“嘘の歴史”に基づくものだと実証的に詳述した本書は、大きな反響を呼び、学術研究書としては異例となる10万部を超えるベストセラーになっている(邦訳版は、近日、小社から刊行予定)。

 歴史対立に終わりが見えない日韓関係はこの先どこへ向かうのか。李氏に見解を聞いた。 本文:6,115文字 写真:3枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込220

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

李 栄薫,黒田 勝弘/文藝春秋 2019年11月号

最終更新:10/11(金) 5:30
文春オンライン

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る