ここから本文です

予想以上の指名に驚き「多くて3~4球団と思っていた」/ドラフト“名”言集

10/12(土) 11:02配信

週刊ベースボールONLINE

ドラフト史上に刻まれた数々の事件と、そこで生まれた「言葉」を紹介。運命に翻弄された男たちは、何を思い、何を語ったか。当時の写真と事件の背景とともに、振り返ってみたい。

【連続写真】野茂英雄 海を渡ったトルネード/レジェンド剛腕のピッチングフォーム

1989年・野茂英雄

“パンチョ”のニックネームで知られたパ・リーグ広報部長(当時)の伊東一雄氏が、その名を読み上げること8度。1989年、アマチュア最強右腕に、史上最多となる8球団が1位指名を行った。

 ドラフト前から希望球団を口にすることなく、どこに決まってもプロ入りすると語っていた野茂だけに、人気が集まることは想定されていたが、ここまで重なるとは、当の本人もまったく想像できなかったようだ。

 幸運は、記録となった8番目の球団である近鉄に訪れ、仰木彬監督はドラフト会議翌日に東京から大阪に駆けつけている。この6年後にメジャーで活躍するパイオニアとなった男は、ドラフトでも前人未到の記録を打ち立てた。

写真=BBM

週刊ベースボール

最終更新:10/12(土) 11:02
週刊ベースボールONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事