ここから本文です

個人情報をガッチリ保護! GoogleマップやYouTubeの新しいプライバシー機能まとめ

10/12(土) 20:01配信

ライフハッカー[日本版]

最近Googleは、Googleマップ、YouTube、Google アシスタントのプライバシーを、ユーザーが自分で管理しやすくなる新機能を発表しました。

【全画像をみる】個人情報をガッチリ保護! GoogleマップやYouTubeの新しいプライバシー機能まとめ

この発表は、新しいオプションや、パスワードのセキュリティを監視する新ツールを含みます。

今回は、各新機能の簡単な概要、使い方、試したほうがいい理由をご紹介します。

Googleマップのシークレットモード

近々Googleは、ユーザーが自分のアカウントにアクティビティを保存しなくても、検索や目的地までの経路が利用できるシークレットモードを、Google マップに追加する予定です。

Google マップのシークレットモードは、今後数週間のうちに最初にAndroidのアプリで利用開始しますが、その後すぐにiOSでもリリースされるでしょう。

Google マップでどのようにシークレットモードに切り替えるのか、まだはっきりとはわかりませんが、この機能を追加する理由は明らかで、Googleが位置情報の履歴をどれくらい収集し共有するか、ユーザーがすぐに管理できるようにするためだと思われます。

ChromeやYouTubeにシークレットモードがある理由もほぼ同じでしょう。

位置情報の履歴とGoogle マップでのアクティビティを、自分のアカウントから削除することはすでにできますし、デバイスのGPSの設定を完全に無効にすることもできますが、シークレットモードはそれよりはるかに便利です。

YouTubeの視聴履歴の自動削除

すでにYouTubeでは、ユーザーが自身の視聴履歴及び検索履歴を細かく管理することができますが、今回はユーザーが希望すれば、数カ月おきにYouTubeのデータを削除することも可能になります。

この機能は、Webや位置情報のアクティビティにはすでに存在しますが、YouTubeでも同じように機能します。

ユーザーは、履歴を削除する一定の期間を指定し(現在は3カ月毎もしくは18カ月毎)、Googleは指定された期間がきたら、すべての保存データを削除します。

Google アカウントのアクティビティのページでYouTubeのところに行き、「自動削除を選択」のリンクをクリック/タップすれば、期間を選べばすぐに設定できます。

しかし、YouTubeの視聴履歴を手動で(まとめて、もしくは選んで)削除したい場合や、YouTubeのアクティビティの追跡も停止したい場合は、こちらでそのやり方をチェックできます。

1/2ページ

最終更新:10/12(土) 20:01
ライフハッカー[日本版]

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ