ここから本文です

VERDYとNAOTOが到達した“今までにないコラボの形”

10/12(土) 21:10配信

WWD JAPAN.com

 アーティストのVERDYが10月13~14日の2日間、さまざまなブランドやアーティストをコラボレーターに招いたイベント「VERDY HARAJUKU DAY」を開催する。本来は12日から3日間の開催予定だったが、台風19号の接近に伴い規模を収縮する形となってしまった。しかし、「ナイキ SB(NIKE SB)」から「ヒューマンメイド(R)(HUMAN MADE(R))」「マジックスティック(MAGIC STICK)」、村上隆、KYNE、河村康輔、Creative Drug Store、tokyovitaminまで、30組以上の豪華コラボレーターが参加する“お祭り”であることに変わりはない。

VERDYとNAOTOが到達した“今までにないコラボの形”

 そして、EXILEや三代目J Soul Brothersでパフォーマーを務めるNAOTOが手掛ける「スタジオ セブン(STUDIO SEVEN)」のディフュージョンライン「オネストボーイ(HONESTBOY)」も、コラボレーターのうちの1つとして参加している。開催直前、東京・中目黒にある「スタジオ セブン」旗艦店で、「VERDY HARAJUKU DAY」の開催理由やコラボに至った経緯、“HONEST DELI”と名付けられたコレクション名の由来まで、2人に話を聞いた。

WWD:「VERDY HARAJUKU DAY」の開催理由を教えてください。

VERDY:ここ数年、ファッションウイーク期間中のパリや「コーチェラ(Coachella)」のタイミングのロサンゼルスなど、その土地が世界的に盛り上がるタイミングで訪れていたんです。そこではショーをやるブランドもいれば、ショーはやらないけどイベントやパーティーを開いていたり、とにかく人が集まっていたんです。日本にもストリートカルチャーが好きなアーティストやデザイナーたちが毎年のように来日しますけど、それは全部バラバラのタイミング。だから決まったタイミングでみんなが来日する日があればと思ったのがきっかけです。東京ファッションウイークはストリートと少し離れていると感じるし、「ファッションズ・ナイト・アウト(FNO)」も個々で盛り上がってる気がしていたので。

WWD:東京を盛り上げようと?

VERDY:そうですね、自分がどうにかして東京を盛り上げられないかなという感じです。世界は近いはずなのにまだ壁があるんですよ。日本では人気だけど海外ではあまり知られてないブランドがあれば、LAで人気でも日本人が知らないブランドもたくさんある。音楽も今勢いのある若い子たちがたくさん東京にいるけど、アメリカでライブはしない。だから「ビーツ(BEATS)」にサポートしてもらってアーティストやDJを呼んだイベントを行います。あとは、もともとアートを作っていたので村上隆さんやKYNEくんたちアート関係の人々にも声をかけて参加してもらいました。

WWD:参加者のジャンルの幅が広いのが印象的です。

VERDY:ストリートが好きなので大枠はストリートなんですけど、一つのジャンルに偏ると僕が思っているようなおもしろいことが起きないと思ったからです。僕が誰かと一緒に何かやる時は、自分でできることはやらないようにしていて、一緒にやるからこそおもしろいアイデアが出るんですよね。

WWD:参加者には何かしらの共通項があると思いますが、それは?

VERDY:“人を知っている”、ですね。有名だからとか全く知らないけどコラボするというのは絶対にないです。人と知り合って話をして、関係性を育みいいと思ったら一緒に何かをやる。それがストリートカルチャーなんじゃないかなって思います。

WWD:NAOTOさんはVERDYさんと初コラボですが、いつから関係があったのでしょうか?

NAOTO:3年前の「コンプレックスコン(ComplexCon)」ですね。「スタジオ セブン」を取り扱っているLAのセレクトショップ、ジャスト ワン アイ(Just One Eye)でパーティーをやっていたらVERDYが遊びに来たんです。

VERDY:その日、友達のDJがパーティーに出るって言うから遊びに行ったら、それが「スタジオ セブン」のパーティーで(笑)。それから展示会や店舗に行ったり、NAOTOくんがポップアップに来てくれたり、ちょっとずつコラボの話を進めてたんです。僕はこれまで数え切れないくらいのコラボをしてきましたけど、いいものができる想像ができたときしかやりません。NAOTOくんとはグラフィックのデザインなどですごい共通するものを感じたし、単純にコラボしたらおもしろい化学反応が起きるんじゃないかって感じたんですよね。

NAOTO:VERDYとは同世代で、好きなものや影響を受けてきたものがほとんど一緒なんですよ。でも僕とVERDYはそれぞれ違った角度で見てきて、今こうして一緒にコラボできたことは不思議だけど自然だと思うし、最高なものを作ることができました。

1/2ページ

最終更新:10/12(土) 21:10
WWD JAPAN.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事