ここから本文です

ソニーの次世代ゲーム端末「PS5」、2020年に登場予定

10/12(土) 20:40配信

エスクァイア

ソニーの新ゲーム端末「プレイステーション5」は、ゲーム業界がこれまで目にした中で最もパワフルなゲーム端末になるでしょう。

【 写真集 】史上最強のビデオゲーム10選…懐かしのゲームが勢ぞろい

 2019年7月に、マイクロソフトが「プロジェクト・スカーレット(Project Scarlett)」と称する次世代「Xbox」端末の計画を明らかにしていました。予想されたどおり、この新端末はこれまで各社からリリースされたゲーム端末に比べて4倍も高速に動作するなど、仕様の点で前例のないものでした。

 そしてこの発表以来、「プロジェクト・スカーレット」に対抗するソニーからの回答をめぐって、さまざまな噂が飛び交ってきました。ですが、このほどテクノロジー・メディア「Wired」が新たなレポートを公開したことで、ついに「プレイステーション4」の後継機についての情報が明るみに出ることとなったのです。
 
 ソニー・インタラクティブエンタテインメントのジム・ライアンCEOが認めたとおり、次世代機種の正式名称は「プレイステーション5」になります。

 この「プレイステーション5」は、2020年の年末商戦期に投入される予定。また「プロジェクト・スカーレット」と同じように、「プレイステーション5」に詰め込まれる技術は間違いなくワイルドです。「Wired」の指摘するように、「プロジェクト・スカーレット」と「プレイステーション5」はいずれも、「AMDのRyzenをベースしたCPUならびに同社のNaviベースのGPUを搭載」したものになります。

 また、ストレージはHDDではなく、SSDが採用されるとのこと。これはつまり、ソニーの次世代ゲーム機ではゲームソフトの起動時間が大幅に短縮される…ということになります。ただし、私たちをワクワクさせる点はそれだけではありません! 
 
 「プレイステーション5」は、レイトレーシング(光線追跡法)をサポートするとされています。つまり、「3D環境での複雑な照明効果や音響効果」を可能とする家庭用ゲーム機が、ついに私たちの手に入る可能性があるということなのです。

 そのため2020年冬には、現在のTVゲームに比べてはるかに没入感が高く、はるかにリアルな雰囲気を持つゲームソフトの登場も期待できるというわけです。さらに、「プレイステーション5」はSSDを搭載することから、すべてが高速化されるでしょう。ゲームが起動するまで長く待たされたり、長くて入り組んだメニューをスクロールしようとして待たされたり…といったことは、すべて過去のものとなりそうです…。

1/2ページ

最終更新:10/12(土) 20:40
エスクァイア

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事