ここから本文です

新田真剣佑に迫る10の質問!帰りを待ってくれてた山崎賢人との関係も

10/12(土) 21:10配信

NET ViVi

映画『二ノ国』で初めて声優を務めた新田真剣佑さん。今、最も旬な俳優、新田真剣佑さんに映画の事、最近気になるコト・モノについててインタビュー。質問をきちんと噛み砕いて自分の言葉でゆっくりと答える。22歳とは思えないほど考え方やまとう色気は“オトナ”。仕事に対してストイックでそれに対する努力は惜しまない。むしろそれを楽しみに変えてしまう姿に私たちは魅了され、その圧倒的な吸引力で私たちを虜にする。これからも“新田真剣佑”から目が離せない!

>>オリジナル記事を読む! 新田真剣佑に迫る10の質問!帰りを待ってくれてた山崎賢人との関係も

もしも異世界に行くのならダンパになりたい!

今回、新田さんは初めての声優に挑戦する。挑むのは構想期間10年をかけて作られたアニメ映画『二ノ国』。

現実の世界(一ノ国)で暮らす高校生の主人公・ユウは幼なじみのハルとコトナと共に普通の日常を送っていた。しかしコトナを巡るある出来事をきっかけに、ユウとハルは現実(一ノ国)と全く違うもう一つの魔法の世界“二ノ国”へ迷い込んでしまうーー。

「普段カラダ全体を使ってお芝居をしているので、声だけで表現するってことは難しいんだなと再認識しました。僕が演じたハルは素直な正義感の強い男の子。それを意識しながら作りましたが、前半は役が完全に掴みきれていなくて難しかったです。

いろいろ試行錯誤しながら進めて行ったので、後半のほうがよかったりして。なので、前半部分をやりなおしたりとか。そういうことができたのが、声優ならではでいいなと思いました」

初めての声優でも安心感があったのは、3度目の共演となる山崎賢人さんがバディ役だから。

「また賢人と(永野)芽郁ちゃんとお仕事ができるって嬉しいなって。ただ新しい挑戦なので、これまでとはまた違った現場になるんじゃないかなと思って挑みましたね。賢人とは1日だけ収録が一緒でしたが、キャッチボールができてやりやすかったです。彼のよさもすごくでていて、(ユウ役が)山崎賢人でよかったと思いました」

子供が一度は憧れる魔法の世界。

「まず脚本をいただいて、とても絵が気になりました。カラフルで夢のある魔法の世界にぴったりで。子供が一度は憧れる魔法の世界で見ているだけでも楽しくなりますよね。アフレコは2日間しかなかったので、ほんとうにあっという間でした」

1/3ページ

最終更新:10/12(土) 21:10
NET ViVi

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事