ここから本文です

木下優樹菜タピオカ店”恫喝DM”騒動 渦中の実姉が新証言

10/12(土) 11:06配信

文春オンライン

《こっちも事務所総出でやります》《いい年こいたばばあ》

 木下のDMにはこんな一節もあった。

《弁護士たてて、法的処理、いくらでもできるからこれからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね。いい年こいたばばあにいちいち言う事じゃないと思うしばかばかしいんだけどさー嘘ついちゃって、あとひけなくて、焦ってるのばればれすぎだから、今のうちに、謝るとこ謝るなり、認めるとこ認めて、筋道くらいとおしなよ^_^ うそつきwww》

「騒動以降、店にはよくイタズラ電話がかかってくるようになりました。怖いです。その後、木下さんからは謝罪のDMが来ましたが、誠実な対応と言えるようなものではありませんでした。法的措置も考えています」(同前)

 結局、10月9日、木下は自身のインスタグラムで謝罪した。

《この度は、私の自己中心的な発言により、相手の方、相手の関係者の方々に大変不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ございませんでした》

 だが、木下の実姉であるA子さん本人に話を聞くと、Xさんとはまた違う主張をするのだ。

「私がここ最近、家庭内のストレスなど精神的に疲弊していたことを気にかけて貰い、友人のXさんに『一緒にタピオカ屋をやろう』と誘って貰いました。当時はとても有り難く感じたのを覚えています。優樹菜にも『友人とタピオカ屋をやる』と伝えると、インスタグラムに投稿してくれて反響がありました。優樹菜のおかげもあり、7月20日のオープン当日から200人を超えるお客さんが来て下さり、オーナー夫妻らも『インスタの力は大きいね』などと話していて、優樹菜が宣伝してくれたことについても喜んでくれていました」(A子さん)

「優樹菜の宣伝を嫌がる様子はありませんでした」

「その後も、『優樹菜ちゃんの姉さんのお店ですよね!』と言ってくれるお客さんもいたのですが、私は必ず、『違うんですよ、オーナーさんに働かせてもらっています』と伝えていました。週刊新潮さんが取材に来た際も、私は『私のお店でなく、オーナーさんのものです。私は働かせてもらっていて、木下優樹菜も関係ありません』とハッキリ新潮さんにも伝えています。

 しかし、記事を見たXさんは『優樹菜ちゃん、軽はずみな行動を取ったね』と話していました。私は迷惑を掛けたと思い、オーナーやそのお母さんに謝りに行くと、『雑誌なんて載りたくても載れるものじゃないし、売れてナンボなんだから大丈夫だよ!』と言って下さり、優樹菜の宣伝についても嫌がっている様子はまったくありませんでした」(同前)

 だが、オープン当初からXさんとA子さんの意見は食い違っていたという。

「そもそも、一緒に経営をするというような誘い方をされたのです。資本金も半分払うつもりでしたが、Xさんに『うちの会社で払うから大丈夫!』と断られた。内装のデザインなどもXさんが1人で決めていたので、そのときから私は経営ではないという自覚がありました。7月20日のオープンから7月31日まで、お金の話などはほとんどしていません。7月31日にXさんから今月分ということで私の給料が手渡され、そのときに『来月からどうする?』と初めて具体的な話になりました。

 そのときに『給料は毎月25日締めでその月の月末払い』『時給1000円』といった具体的な給料についても決まったのです。私が出勤する頻度の話もして、『人が足りない時のパートとしてお願いします』と伝えました。私は子育てもあるので『17時までしか働けない』ということも伝えました。そういった話し合いの結果、私は8月中、毎週金曜のみ働くということになりました」(同前)

3/5ページ

最終更新:11/2(土) 12:09
文春オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事