ここから本文です

滝川クリステル、小泉進次郎との結婚で「テングになった」とディスる人の心理

10/12(土) 22:00配信

週刊女性PRIME

「ヤバい女になりたくない」そうおっしゃるあなた。ライターの仁科友里さんによれば、すべてのオンナはヤバいもの。問題は「よいヤバさ」か「悪いヤバさ」か。この連載では、仁科さんがさまざまなタイプの「ヤバい女=ヤバ女(ヤバジョ)」を分析していきます。

【写真】滝クリを通り過ぎていった元カレたち、外国人男性とのデート風景など

第32回 滝川クリステル

 元内閣総理大臣・小泉純一郎のジュニアにして、環境大臣・小泉進次郎と結婚したフリーアナウンサー・滝川クリステル(以下、滝クリ)。「お・も・て・な・し」スピーチで2020年の東京オリンピックを招致した勝利の女神と、総理にもっとも近いオトコとも言われる進次郎。お似合いのゴールデンカップルに見えますが、批判が噴出しています。

 環境大臣として外交デビューした進次郎。ニューヨークで開かれた「国連気候行動サミット」で、「気候変動への取り組みは楽しく、クールでセクシーに」と発言。ネットを中心に「セクシーという言葉は不適切ではないか」という声があがります。『スーパーJチャンネル』(テレビ朝日系)に出演したアメリカ人のお笑い芸人・厚切りジェイソンによると、「セクシーは魅力的という意味を指すので的はずれではない」そうですが、「セクシー発言」の真意を尋ねられた進次郎は「野暮な説明はいらない」と説明を拒否。大臣としての責任を果たしていないのではないかと批判を浴びました。

 一方、妻の滝クリに対する風当たりも強くなっています。

《滝川クリステルが不義理連発、結婚祝いLINEも既読スルー》と『女性セブン』(小学館)2019年10月17日号が報じています。

 同誌によると、滝クリはプライベートで親しいとされるタレント、アンミカやフリーアナウンサー・有働由美子にも交際について明かしていなかったそうです。かつて番組で共演していた宮根誠司や安藤優子にも結婚の報告はなかったそうで、宮根は「クリステル、連絡してこいよ」、安藤は「さっき、LINEしたばかりなのに。教えてくれてもいいじゃない」と不服そう。さらに、秘密主義は仕事関係だけでないようです。高校時代の友人が「結婚おめでとう」とLINEを送ったものの既読スルーされてしまったそうです。知人はスルーされたことについて、「特別な人になったのかと言いたい気持ちがあります」と述べていました。

 さて、みなさんはどう思われるでしょうか。

「こまやかな気遣いが必要とされる政治家の妻が、それで務まると思っているのか」
「仕事関係の人に報告しないなんて、社会人としていかがなものか」
「未来の総理と言われるオトコと結婚したから、テングになっているのではないか」

 など、滝クリをヤバい女だと思う人もいるのではないでしょうか。

1/3ページ

最終更新:10/12(土) 22:15
週刊女性PRIME

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事