ここから本文です

結婚できない人の「思考回路と行動パターン」、負の着地点でもがく女たち

10/12(土) 20:00配信

週刊女性PRIME

 思いがあり、行動があり、結果が生み出されます。「結婚したい」という思いがあって、結婚相談所に入会するという行動を起こしたはずなのに、どうもいい結果を生み出さない(結婚できない)。それは、なぜなのでしょうか? 

【写真】浜ちゃん“ゴンドラ結婚式”ほか、芸能人たちの結婚報告

 婚活ライターをしながら、仲人としても現場に関わる筆者が、目の当たりにした婚活事情を、さまざまなテーマ別に考えていく連載。今回は、「結婚できない人たちの思考回路と行動パターン」のお話です。

石橋を叩いても渡らないから何も始まらない

 入会したばかりの佳子さん(31歳、仮名)は、これまで男性と一度もお付き合いをしたことがありません。婚活も生まれて初めての経験でした。入会面談に来たときに、こんなことを言っていました。

「母から、『付き合う男性は、よく見極めなさい。恋愛で失敗すると大変なことになるわよ。お付き合いするなら、学歴、家柄のキチンとした人にしなさい』と言われて育ちました。母の言葉がいつも頭にあって、学生時代は恋愛をすることもありませんでした。社会に出てからは、恋愛の仕方もわからず、ここまできてしまいました」

 恋愛を一度もしたことがなく、30歳を過ぎてしまった。ならば、これから恋愛をすればいいのです。結婚相談所に登録しているのは、そもそも“結婚をしたい”と思っている人たちなのだから、そこでお見合いをして、好きになれる人を探せばいい。結婚するために起こす行動は、極めてシンプルなはずです。

 私は、佳子さんに言いました。

「普通に生活をしていたら、デートをする異性に頻繁に出会うのは難しいですよね。でも、結婚相談所に入っていたら、やる気になれば、月に4人、5人の異性とのお見合いができるし、交際になればデートもできる。その中から好きになれる人を探せばいいんですよ」

 佳子さんも、私の言葉に大きくうなずきました。ところが、入会したもののお相手選びから難航しました。

「お申し込みいただいているお相手には、ピンとくる方がいません。じゃあ、私からお申し込みをかけてみようかと思ったのですが、どんな人にお申し込みをかけていいのかわかりません」

 そこで、一緒にお相手を選ぶことにしました。

 事務所にやってきた佳子さんと一緒に、男性会員が登録しているサイトを見ていったのですが、お申し込みをかけるお相手がなかなか決まりませんでした。

「学歴は、やはり大卒がいいです」

「この方は、年収が低いのが気になります」

「住んでいる場所が、私の職場から遠いので、結婚したら仕事場に通えなくなります」

「太っている方はちょっと……」

 あげくの果てには、こんなことを言いだしました。

「プロフィールの情報だけでは、どんな人かわかりませんよね」

 どんな人かわからないから、お会いするのです。お会いして、お話しをするのです。そして、フィーリングが合うか、どんなお人柄なのかを確かめるのです。

1/3ページ

最終更新:10/12(土) 20:00
週刊女性PRIME

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事