ここから本文です

ともさかりえさん40歳の誕生日の告白

10/12(土) 17:30配信

webマガジン mi-mollet

10月12日に40歳の誕生日を迎えた女優・ともさかりえさん。12歳で芸能界入りした後、ドラマや映画などヒット作にも恵まれ、順風満帆にキャリアを重ねてきました。
ところが、30代は同世代の女性が抱えるような悩みがあったといいます。40代を迎えるに当たって、順調とはいえなかった10年、意外なともさかさんの仕事で見せる素顔やポリシー、そして今の心境を語ってもらいました。

ともさかりえのインタビューカット フォトギャラリー

 ともさかりえ 1979年、東京都出身。12歳で芸能界デビュー、ドラマ『金田一少年の事件簿』のヒロインで注目を集める。その後、女優として数々の映画、ドラマなどに出演。最近では舞台でも活躍、演技派女優として活動の幅を広げている。また、ブログの発信もいち早くスタート、そのファッションやライフスタイルがファンのみならず女性の共感を集めている。近々、ミモレで連載がスタート。公式ブログ:http://ameblo.jp/tomosaka-rie インスタグラム:rie_tomosaka_official

 

もやもやしていた30代前半、この3~4年で楽に

――40歳という節目の年齢を迎える心境から聞かせてください。

ともさかさん(以下ともさか):30歳を迎えるときに「これからは楽になるはず」っていう期待値がすごく高すぎたのか、肩透かしを食らった感じだったんですよね。「何も変わらないじゃん」、って。30代は生活面も肉体的、精神的にも想像以上にヘビーな10年間だったので、ここ3、4年ぐらいでやっと力が抜けてきました。
30代前半は何が楽しいのかわからなくなって、この仕事を漠然と続けてはきたものの、「本当に自分にあっているのかな?」みたいなことも考えたりしてしまって。

それなりに年齢も上がると、どんどん若い子が出てくる中で、中堅的な立場になってきますよね。いろいろなことを任されがちな立場になっても自分はまだ何もできていないし、不安もあるのに「ともさかさんは大丈夫ですよね」って言われるシチュエーションが増えてきて。自信が持てずに、全然まだ大丈夫じゃないのにな、本当にこのままでいいのかな…と、もやもやし続けていた30代でした。
でもここ3、4年で「大丈夫じゃないです」って口に出して言えるようになってから、やっと少しずつ楽になってきましたね。

1/4ページ

最終更新:10/21(月) 16:09
webマガジン mi-mollet

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事