ここから本文です

追悼ジンジャー・ベイカー、ドラムの魔術師が残した名曲10選

10/12(土) 13:00配信

Rolling Stone Japan

クリーム、ブラインド・フェイス、フェラ・クティ、パブリック・イメージ・リミテッドまで、ジンジャー・ベイカーが60年にわたるキャリアの中で残した10の名演を紹介する。
 
ジンジャー・ベイカーはパラドックスそのものだった。ロック界屈指の名ドラマーでありながら「ロックはやったことがない」と豪語し、忌み嫌ったメタルのゴッドファーザーであり、生粋のロンドナーでありながらアフリカンドラムのスタイルを完全にマスターしてみせた。ブルースロックを極めた3ピースのクリーム、短命に終わったスーパーグループのブラインド・フェイス、アフロビートの生みの親であるフェラ・クティ、後年におけるジャズのプロジェクト等、様々なスタイルに挑戦し続けた彼の功績を一元的に語ることは不可能だ。

記事中の動画を見る:追悼ジンジャー・ベイカー、ドラムの魔術師が残した名曲10選

60年代半ばにキーボーディスト兼サクシスト兼シンガーのGraham BondのブルージーなR&Bにビバップの要素を持ち込んだことで、ベイカーはその名前を知られるようになった。そして1966年、彼はエリック・クラプトンとジャック・ブルースと共に、伝説の3ピースバンドであるクリームを結成する。「俺たちはマジで最高だった。だからクリームって名付けたんだ」彼は2012年公開のドキュメンタリー『Beware of Mr. Baker』でそう語っている。

クリームの解散後、彼は異なるスタイルを積極的に追求し、ロックを顧みることは稀だった。フェラ・クティや元セックス・ピストルズのジョン・ライドンはもちろん、アヴァンギャルド系ギタリストのソニー・シャーロック、ジャズ界の名トランペット奏者ロン・マイルス、ロックの異端児マスターズ・オブ・リアリティ、後年に幾度となく共演したガーナ出身の打楽器奏者Abass Dodooまで、過去50年間で彼が携わったプロジェクトは多岐にわたる。彼の才能は底知れないが、その片鱗を垣間見ることができる10の名曲を以下で紹介する。

1.クリーム「いやな奴」(原題「トード」)1966年


クリームのデビューアルバム『フレッシュ・クリーム』の最終曲「いやな奴」が世に出たのは、「モービー・ディック」や「ガダ・ダ・ヴィダ」、あるいはリンゴ・スターがドラムを叩いた「ジ・エンド」よりも前であり、同曲のドラムソロはロック史上屈指の名演として語り継がれている。短いブルージーなリフが印象的な同曲では、スタイリッシュなスネアやタムロールから、マシンガンのようなツーバスプレイからアップテンポなビバップまで、彼のセンスとスキルが存分に発揮されている。「いやな奴」におけるパフォーマンスが無数の後続ドラマーをインスパイアしたことは疑いないが、メンバーのジャック・ブルースはより個人的な理由で、ライブにおける彼の長尺ソロを必要としていた。「あれは好きだったよ。その間にタバコで一服できたからね」

1/4ページ

最終更新:10/12(土) 13:00
Rolling Stone Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事