ここから本文です

元祖小倉トーストも楽しめる!名古屋駅から徒歩圏内のおしゃレトロな円頓寺商店街

10/12(土) 8:00配信

ウォーカープラス

名古屋駅から徒歩圏内であるにも関わらず、昭和レトロな町並みが楽しめる円頓寺(えんどうじ)商店街(名古屋市西区)。シャッターが目立つ時期もあったが、近年は新しい店も増えにぎわいを取り戻している。今回は、そんなレトロな雰囲気を守りながら、新しい試みもどんどん取り入れている円頓寺商店街の注目スポットを紹介する。

【写真を見る】壁にイラストが描かれたカラフルな店は商店街のシンボル的存在。食堂のように使ってほしいと、イタリアン以外のメニューも豊富 / アランチャ

■ 円頓寺ミヤビヤプロジェクト始動!

●「アランチャ」

円頓寺商店街でぜひ食べたいのが、“ミヤビヤ”だ。ミヤビヤとは、デミグラスソースで野菜などを炒め煮し、卵を落とすのが基本のスタイル。愛知、岐阜、三重の創業100年以上の老舗洋食店数軒だけに存在し、由来も発祥も不明の謎多きメニューだ。円頓寺商店街では、そんなミヤビヤを商店街グルメとし、さまざまな店が独自のアレンジを加え提供している。

「アランチャ」では、現代&イタリア風にアレンジした「チキンソーセージミヤビヤ」(880円)が楽しめる。大きめにカットした鶏モモ肉と、ビッグサイズのソーセージがたっぷり入ったボリューム満点の一皿だ。

■アランチャ / 住所:愛知県名古屋市西区那古野1-11-10 / 電話:052-551-1676 / 時間:11:30~14:00、17:30~23:00 / 休み:日曜

■ ここでしか楽しめないグルメや体験が充実!

●「うなぎ家(か) しば福や」※福は旧字体

「うなぎ家 しば福や」は、うな富士で15年修業した大将が焼き上げるカリカリ&フワフワな最高級ウナギ料理が堪能できる店。ブラックペッパーを効かせたひつまぶし「スタミナまぶし」(4590円)や、ひつまぶしとうな丼を1皿で楽しめる「まぶしば丼」(2970円)、「肝のアヒージョ」(1350円)など創作メニューも豊富だ。

■うなぎ家 しば福や / 住所:愛知県名古屋市西区那古野1-23-10 / 電話:052-756-4829 / 時間:11:30~14:30(LO 14:00)、17:30~20:30(LO 20:00) / 休み:火曜、第2・4水曜

●「喫茶まつば」

創業86年、名古屋で最も歴史のある喫茶店「喫茶まつば」。小倉トーストの発祥店、満つ葉の暖簾分けとして変わらぬ味を守り続け「小倉トースト」(380円)は、昔ながらのサンドイッチタイプだ。こだわりのコーヒーは鑑定士厳選の生豆を自家焙煎し丁寧にハンドドリップ。月替りで登場する珍しい品種にも注目だ。

■喫茶まつば / 住所:愛知県名古屋市西区那古野1-35-14 / 電話:052-551-0669 / 時間:8:00~18:00 / 休み:水曜

●「芒種(ぼうしゅ)」

商店街の東側、五条橋のすぐ近くに位置するパン店「芒種」。国内産小麦粉と自家製の発酵種を使用し、外はパリッ、中はフワフワの食感に。どんな人も安心して食べられるパンを目指し、バターや卵、乳製品をほとんど使わないレシピで作っている。

■芒種 / 住所:愛知県名古屋市西区那古野1-2-16 / 電話:052-551-8170 / 時間:10:30~18:00 ※売切れ次第終了 / 休み:火曜、水曜

●「わざもん茶屋」

「わざもん茶屋」は、職人手作りの工芸品を集めたセレクトショップ。併設のカフェで「お抹茶セット」(500円)なども味わえる。ちょうちんや友禅染めなど、名古屋の伝統工芸品作りを体験できるワークショップ(予約推奨)も、数多く開催している。

■わざもん茶屋 / 住所:愛知県名古屋市西区那古野1-20-34 / 電話:052-581-3233 / 時間:12:00~19:00、金土 ~22:00 / 休み:月曜(祝日の場合翌日)

●「喫茶 ニューポピー」

名古屋駅前で30年以上営業を続け、惜しまれつつも閉店した喫茶ポピーが、2代目マスターの手によって約10年ぶりに場所を変え「喫茶 ニューポピー」として復活!古きよき純喫茶と、気軽に立ち寄れるカフェの雰囲気を併せ持った空間が心地よい。

■喫茶 ニューポピー / 住所:愛知県名古屋市西区那古野1-36-52 / 電話:052-433-8188 / 時間:8:00~18:00(LO 17:00)、金土 ~22:00(LO 21:30) / 休み:不定休

●「NO DETAIL IS SMALL(ノー ディーテイル イズ スモール)」

表紙の素材と、ノート部分の紙を自由に組み合わせ「オリジナルノート」(2376円~)が作れる「NO DETAIL IS SMALL」。豆からひく日替りの「スペシャルティコーヒー」(540円~)は、抽出方法をドリップかフレンチプレスからセレクトできる。

■NO DETAIL IS SMALL / 住所:愛知県名古屋市西区那古野1-24-2 / 電話:052-485-8467 / 時間:11:00~18:00 / 休み:火曜

※掲載している情報は、東海ウォーカー10月号(9/20発売号)のものを元にしています。消費税の変更に伴い、価格が変更している場合があります。ご了承ください

(東海ウォーカー・東海ウォーカー編集部)

最終更新:10/12(土) 8:00
ウォーカープラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事