ここから本文です

満島ひかり、父役の前川清との共演で「まさか『ア~ン』してもらえるとは思わず(笑)」

10/12(土) 6:45配信

ザテレビジョン

女優の満島ひかりが、10月11日に公開初日を迎えた吉永小百合主演映画「最高の人生の見つけ方」の初日舞台あいさつに登壇。東京都内の劇場に吉永、天海祐希、ムロツヨシ、ももいろクローバーZ、前川清、そして犬童一心監督と共に現れ、撮影エピソードを語った。

【写真を見る】満島ひかりら美女たちにツッコまれたじたじの前川清

ジャック・ニコルソン、モーガン・フリーマン主演で、余命6カ月の2人の男が生涯最後の冒険旅行に出るという2007年公開のアメリカ映画をリメークした本作は、主役を女性に変更。

人生のほとんどを“家庭”に捧げてきた主婦・北原幸枝(吉永)と、人生のほとんどを“仕事”に捧げてきた女性社長・マ子(天海)の2人の物語となる。

突然の余命宣告を受けた2人が、同じ病院に入院する12歳の少女の“死ぬまでにやりたいことリスト”を見つけ、このリストすべてを実行するというあり得ない決断をする…というもの。

本作に、幸枝の娘・美春/若き日の幸枝の二役で出演する満島は「こんばんは、満島ひかりです。今日は足元お悪い中集まっていただいてありがとうございます。現場で吉永さんと天海さんのなんだかすてきな背中を見ながら、役者人生においてとっても大きな時間を、大切な時間を過ごせたなと思っております」とあいさつ。

さらに「座長が花開いていることの素晴らしさを現場でたくさん見せていただきました。これから私も現場で花を咲かせられる役者になりたいなと思っております」と語ると、横で聞いていた天海から「満開でしょう!」と小声でツッコミが。

慌てて満島は「いえいえ、満開じゃないです! まだちょちょちょって咲いているくらいですから。今日はありがとうございます」と恐縮気味にあいさつした。

そんな満島は、吉永・前川の娘役を務めたが、撮影エピソードを聞かれ「3人でおせち料理を作る場面は、とってもハッピーで、まさか前川さんに『ア~ン』してもらえるとは思わずに…(笑)。

あと、吉永さんのウエディングドレス姿があんまりにも美し過ぎて、天海さんと『見ました!? 吉永さんのウエディングドレス見ました?』と言いながら撮影現場で見た後に、前川さんがもう一度告白するという場面で、本当に緊張してらっしゃって」と語り、横で聞いていた前川はみるみるうちに照れくさそうな表情に。 

続けて満島は「楽屋でもうるさいくらい『緊張する~緊張する~!』って言っていて(笑)。横でみんなが『大丈夫です!』って言って。終わってからも3日くらい引きずっていて『僕のあの場面はあまり良くなかった。緊張してかんじゃった』って話していて、とてもかわいらしいお父さんだなって思いました」と暴露した。

それを受け、天海は「その割に、みんなでウェ~イ!って写真撮りましたよね! そこは?」とツッコミを入れ、犬童監督も「あの緊張は演技ですよね?」と前川に問いただす。

すると前川は「自分でも戸惑ったのは、実は結婚式のシーンが教会でありまして、吉永さんが10mか20mか離れている(想定の)台本だったんですよ。それで『悪かった』と反省を言う。でも、本番になったとき、吉永さんが目の前だったんですよね。それで私、参ってしまったんですよ(笑)。ドキドキしてしまいました」と振り返った。

そのシーンについて、吉永は「私も同じように緊張していましたから、いい夫婦だなっていう感じはしました。本当に前川さんすてきなんですよ。歌ってらっしゃる直立不動の雰囲気と、演技なさる感じと一緒でね、すごくすてきでした」と“夫”をたてていた。(ザテレビジョン・取材・文=尾形正奈)

最終更新:10/12(土) 6:45
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事